笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

出産から1歳までの行事は初めて尽くし!

calendar

reload

出産から1歳までの行事は初めて尽くし!

出産してから1年までは実は赤ちゃんの誕生をお祝いするイベントが盛りだくさん。
必ず行わなければいけない、という事はありませんが一度しか訪れないこのお祝いのチャンスをスルーしてしまうのは勿体ない!
ママや赤ちゃんの体調と相談しながら日和を決めて、赤ちゃんとの思い出を増やしてほしいなと思います。

illust1916_thumb

スポンサーリンク

お七夜

お七夜とは生まれてから7日目の夜に行うお祝いです。この日までには赤ちゃんの名前を考えて命名書に書いて飾りお祝いの膳を囲んで祝います。
家族や親戚などなるべくたくさんの人を招いて祝ってもらうのが良いとされています。
しかし、産後7日目はまだまだママの休養が必要な時期。無理に盛大に行う必要は無く、身内だけで退院祝いを兼ねて行うと良いでしょう。
赤ちゃんの記念に写真や手形・足型をとって残す人が多いようです。

お宮参り

本来、お宮参りは赤ちゃんが氏神様の氏子になったことを認めてもらう意味の儀式。男の子は生後30日目、女子は32日目に行うものとされていますが、この日にちにこだわる必要はありません。
ママや赤ちゃんの体調がよく、天候も良い日を選んで無理の無い日程で行うのが良いとされます。
お祝いの日なのでパパはスーツ、ママもスーツやワンピースで少し華やかにオシャレしましょう。もちろん赤ちゃんにもおめかしをするのを忘れずに。
参考>>>お宮参り、ママの服

お食い初め

お食い初めは生後100日目に赤ちゃんが一生食べ物に困らないようにと願って行う儀式です。
お膳に「赤飯」「鯛の焼き物」「汁物」などを揃え赤ちゃんに食べさせる真似をします。実際にはまだ食べられないのですが、赤ちゃんを囲んで皆でお祝いしましょう。
お食い初めも100日目にこだわる必要は無く、家族がそろってお祝いできる日を選んで行うと良いでしょう。

産後三か月にもなればママも家事を普通にこなせる時期、赤ちゃんのお食い初めの料理を手作りしちゃう料理好きなママもいるようです。
また、お食い初め用料理のセットも様々な種類が商品化されているので、それを利用しても良いでしょう、料亭の料理でお祝いが一層豪華になりますよ。
参考>>>お食い初め料理セット

初節句

女の子は3月3日の桃の節句、男の子は5月5日の端午の節句。
ひな人形や五月人形を準備してお祝いしましょう。人形はじぃじ、ばぁばが準備してくれることも多いようです。
赤ちゃんの健康と幸せを願う節句のお祝い、このときもまた家族が集まってお酒を囲んでも楽しいでしょう。
初節句が出産後すぐの場合は一年先のお祝いでも大丈夫です。

初誕生日(1歳のお誕生日)

赤ちゃんが生まれて初めての誕生日、1歳のお誕生日は盛大にお祝いをする家庭が多いようです。
地域によっては一升餅を背負わせたり、踏ませたりする風習のあるところも。ケーキやご馳走を準備して祖父母を招いてお祝いすると楽しいですね。
お誕生日のお祝いには形式はありません、各家庭それぞれのお誕生会でお祝いしましょう。

手形や足型をとってお七夜の頃と比べてみると赤ちゃんの成長が目に見えて盛り上がりますよ。
また、これから歩きだす赤ちゃんにファーストシューズをプレゼントしても良いですね!

fumira_baby02_soft_s

以上、産後一年までにある行事を紹介しました。
産後1年は寝れない育児と寝不足でクタクタな時期ですが、ママが楽しめる範囲でこれらの行事を行ってみてくださいね!
きっと素敵な思い出として残せるはずですよ。

大切な日の記念はプロに残してもらう

赤ちゃんの成長はとても速いですよね。だからこそ、大切な記念の瞬間はぜひ形として残してほしい物。
そういう思いから、節目に赤ちゃんの写真を写真スタジオで残す人がとても多いのです。

例えば「お宮参り」で写真館デビューを果たす赤ちゃんも沢山います。
毎日可愛い赤ちゃんの写真を残しているママは沢山いるかと思いますが、やっぱり「プロの手」で取ってもらった写真は一味違いますよ!
赤ちゃんの可愛い笑顔と、幸せな家族の写真をぜひ残してほしいと思います。

信頼できるカメラマンに出会えたら、思い出の笑顔も数倍輝きますね!