笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

もち麦ダイエットで痩せない、便秘になった!失敗の理由と解決策

calendar

豊富な食物繊維を含むもち麦をご飯に混ぜて炊いて食べることで少ない量で満腹感を得、自然と食べる量が減るのでダイエット効果が期待できるというもち麦ダイエットは「食べて痩せる」ダイエットとして人気です。
授乳中だから食事制限はちょっと、というママにも悪くないダイエット方法のようにも思います。

食べるのが大好き!な私も飛びついたもち麦ダイエットなのですが、私はあまり効果を得られませんでした。
それどころか、もち麦ご飯を食べるとお腹が張って便秘気味になるような気がするのです。
世の中には「もち麦で痩せた!」という声が沢山あるのに、どうして私はダメなの?と色々調べた結果、どうやら私は「間違ったもち麦ダイエット」をしていたと気がついたのです。

スポンサーリンク

失敗1・もち麦の量

もち麦を入れてご飯を炊く場合の割合は、実はもち麦の食べ方を紹介する番組やサイトによってまちまちだったりします。
白米ともち麦を1:1。と紹介している所もあれば1:3と言っている所もあり、どの割合が良いのかはもちろん好みの問題もありますが、初心者はもち麦の割合を少ないもち麦ご飯を食べることから始めた方が良いようです。

白米よりも食物繊維が多い、という事はそれだけ消化され難い、という事。
実際もち麦は白米よりも固く、弾力があります。プチプチとした食感は結構クセになるので好きな人はハマりますよ!

ちなみに、もち麦の食物繊維量は白米のおよそ25倍あるのだとか。
普通にご飯をたべるだけでお腹スッキリが期待できるのはそのせいなんですね。

けれど、慣れないもち麦を体が受け付けなければ意味がありません。
もち麦ご飯はいつも以上にしっかり噛んで食べる事も必要なようです。

失敗2・もち麦の炊き方

もち麦は白米よりも水分をしっかり含ませて炊く必要があるそうです。
もち麦の炊き方の注意書きにも良く書かれているのですが、もち麦を炊く時は最低でも30分の給水をさせる必要があるのだとか。
最近の炊飯器は給水時間も炊飯時間に含まれているので給水不要になっていますが、もち麦はそれよりもしっかり給水させないと上手に炊けないようです。

私はもち麦の給水時間が少ないせいで堅すぎて消化不良を起こし、便秘になったのかもしれません。

そしてもち麦を炊く時は白米の水分量にプラスしてもち麦の分量の2倍の水を足して炊く必要があります。
もち麦は白米よりも炊く時に水を多く必要とする食物なようです。
堅めのご飯が好きだから、と水をすくなくするともち麦の効果をしっかり引き出せないもち麦ご飯になってしまうのかもしれませんね。

もち麦を炊く時は「しっかり給水」「水分多め」がコツのようです。

失敗3・単純に食べ過ぎ

もち麦を入れたご飯は、美味しいです。
白米の中にプチプチっとした食感、本当にクセになります。

お気に入りの食べ方はもち麦ご飯に「塩昆布」を混ぜておにぎりにするのが好きなのですが、美味しすぎて止まらない。

食物繊維が多くてダイエット効果があるもち麦ですが、カロリーゼロなわけではありません。
食べ過ぎればもちろん太ります。

もち麦ダイエットの失敗口コミで多いのはやはり「美味しすぎて食べすぎてしまった」というコメント。

もち麦は白米に比べて「少量で満腹感が得られる」アイテム。
食べる量が減ることでダイエット効果が期待できるもので食べ過ぎていたら本末転倒ですよね~
そりゃ痩せない。

感想

しっかり食べても痩せれるもち麦ダイエットは【栄養補給のためにむやみに食事は抜けない】【食べるの大好き】な人に最適なダイエットです。
けれど、炊き方を間違えたり、食べ過ぎてしまえばダイエット効果は期待できないでしょう。

歯ごたえがあるからこそしっかり噛んで、満腹感を感じ、食べる量を減らす。
それさえできればもち麦の豊富な食物繊維でお腹もスッキリ、ストレス知らずのダイエットができそうです!

実はうちの旦那様はもち麦ご飯で6キロの減量に成功しています。
失敗したのは私だけ。

早食い、食べ過ぎ。
食べ方を改めて私も再チャレンジ!

しっかり食べて、健康な体つくりもママの基本です。