笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

自分の時間がないとイライラしていた時にもらった、ある言葉

calendar

赤ちゃんを産んでから毎日お世話に追われ、自由に出かける時間も無ければ自分のやりたい事もままならない。
ママは「赤ちゃん」という存在に振り回されて生活していますよね。

それが当たり前なんだろうけれど、赤ちゃんにばかり気を取られていられないのも事実。
赤ちゃんが眠っているうちに、と赤ちゃんから離れて何かを始めた途端起きてしまうのはなんでなんでしょうね。
赤ちゃんのママセンサーって本当に優秀でママが離れる事に敏感。

自分のペースで生活ができないというのは本当にストレスのたまる事で、気が付けば自分の事は全部後回し。
私自身、美容院にも行けない、自分の趣味にも没頭できない、ゆっくり買い物もできない、そんな不満が爆発してパパと大喧嘩なんてこともしょっちゅうでした。
最近は「イクメン」なパパが増えてきて、育児丸投げなパパがダメなパパに見えてしまう時代、自分の旦那が後者であることがさらにストレスになるというママも増えています。

24時間育児にべったりのママには自分の時間なんてありません。
私はそう思っていたから常にストレスのたまる生活だったんです。

スポンサーリンク

状況は変えられない、だから思考を変えてみる

赤ちゃんにベッタリの生活の中で、目からウロコだった言葉があります。

赤ちゃんと一緒の時間が自分の時間

え、って思いました。
でも試しに赤ちゃんと過ごしている時間を「自分の時間」だと考えて生活してみることにしたんです。

そしたら不思議と楽になりました。

赤ちゃんに振り回されて自分のやりたいことができない生活は変わらないのに、なぜだろうと考えて、気が付きました。
私は「義務」で子育てしてたから辛かったんだって。

「やらなければいけない」という気持ちで赤ちゃんのお世話をして、自分の時間を犠牲にしている気でいたから不満だったんです。
でも本当は赤ちゃんに奪われる時間なんて24時間のうちの半分にも満たなくて、ほとんどは自分の時間なんですよね。

だけど赤ちゃんの機嫌やタイミングで呼ばれてしまうから、むっとしてイライラしちゃう。
せっかく始めた事を途中で邪魔されるって本当に気持ちが悪いですものね。

なので、なるべく赤ちゃんのリズムに合わせて自分も動くようにしてみました。
赤ちゃんの機嫌に合わせてお出かけをし、赤ちゃんの生活に合わせで自分も行動する。
自分のペースよりも赤ちゃんのペース、

すると自然とボーっとできる時間が増えました。
ゆっくりおやつタイムをする時間が出来ました。

赤ちゃんが起きている時はおんぶして家事をし、赤ちゃんがお昼寝の時は隣で一緒に休んだりゴロゴロしながら雑誌を読んだりネットを楽しんだり。
赤ちゃんと同じタイミングで生活をするとイライラすることが減ります。

でも、やっぱりいつも赤ちゃんと一緒だと大変なのは自分の通院や美容院などですよね。

私は代わりに預かってくれる人も居ないし、もう今は仕方が無いとあきらめました。
自分の体調管理は頑張りましたが、どうしても病気で辛い時は抱っこして病院にも行きました。

仕方が無いけれど、ずっと続くことじゃないんです。
赤ちゃんが成長すればせっせを世話を焼くことも無くなってしまって、子供の方からどんどん離れて行ってしまう。
だから今は美容院に通えなくたって、ゆっくり自分の買い物ができなくたって、今は赤ちゃんとの時間を大切にした方が絶対に得だな、と考えが変わって。

結局ひとりっきりの時間なんて無い毎日だけど、赤ちゃんとべったりの時間は実はとても幸せな時間なんです。

illust4264thumb

赤ちゃんと一緒の時間が自分の時間。
これって、何気にママの特権ですよ。

独りの時間も良いけれど、赤ちゃんと一緒の時間が幸せだな、と思える生活ができたら毎日が楽しいかもしれませんね!