笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

産後の腱鞘炎、予防と対策

calendar

産後、腱鞘炎になるママって結構多いそうです。
手首を動かすだけで電流が走るような痛みを感じるというのが腱鞘炎の症状。
腱鞘炎になると赤ちゃんの抱っこが辛くなるだけでなく、日常生活にも支障をきたすことがあるので「おかしいな」と思ったら早めの対策をオススメします。

スポンサーリンク

産後の腱鞘炎の原因

産後の腱鞘炎になるのは「新米ママ」が多いそうです。

初めての赤ちゃんは抱っこするだけでもドキドキして慎重になりますよね、赤ちゃんを落とさないように、と無意識に手に力を入れて抱っこを続けていた結果腱鞘炎になってしまうというのが多くの原因の一つになっているとか。
フニャフニャで柔らかくて、小さな赤ちゃんですもの慣れないうちは抱っこするのもぎこちなくなってしまうのは仕方ない事なんですけどね。

また、産後のホルモンバランスが原因の腱鞘炎もあるといいます。

腱鞘炎にならないための対策

腱鞘炎になりがちな人は背中から手首にかけて余計な力が入っていると言います。
肩こりも腱鞘炎の悪化につながるので、首を回したり肩を回す簡単な運動やストレッチをして体をほぐすと血行も良くなり腱鞘炎の予防になります。

さらに赤ちゃんの抱っこの仕方も見直しましょう。
赤ちゃんを抱き上げたり寝かせたりするときに手首に力を入れて行うのは腱鞘炎になる原因です。
手首ではなく肘から下の腕全体を使って赤ちゃんの体を支えて抱き上げるようにすると手首に負担がかからず腱鞘炎の予防になりますよ。

腱鞘炎になった時の対処法

腱鞘炎の痛みが辛い時に行く病院は整形外科です。
病院では張り薬やクリーム状の塗り薬などが処方され、我慢できな程の痛みで生活ができないほどであれば鎮痛剤の注射をしてもらえることもあるようです。

病院に行くほどでもないから、という場合。まずは痛む手首を使わないこと。
腱鞘炎になってからも手首に力を入れて酷使を続けると、治るものも治りません。

育児や家事を旦那さんに手伝ってもらったり、実家などに頼れる場合は甘えても良いでしょう。
illust1916_thumb

腱鞘炎になってしまうと痛くて辛いのですが、いつの間にか治ってしまうものでもあるようです。
肩や手首に力を入れてドキドキ育児していたママも4~5か月も過ぎれば、自分の体に負担のかからない抱っこの仕方を自然と身に着けているんです。
なので二人目以上のママって腱鞘炎になる人がほとんどいないんですよね、ちゃんと正しい抱っこの仕方をしているから腱鞘炎になってしまうほど手首に負担をかけていないんです。

赤ちゃんの成長と共にママもちゃんと成長していて、肩の力を抜いた育児ができるようになるんですね! 

腱鞘炎にならないように正しい抱っこの仕方と、筋肉をほぐす運動やストレッチ、取り入れてみてくださいね。