笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

意外と簡単!子供名義の銀行口座のメリットと通帳の作り方

calendar

赤ちゃんが生まれると、誰でも考えるのがお金の事。
子供の教育費として貯金を始めたり、学資保険に入ったりと行動を始めるならやっぱり早い方がオススメです。

そして教育資金を貯める場所を「子供名義の口座」にしておくと、せっかく貯めた貯金を別な事に使ってしまったりという誘惑防止になるので貯蓄成功に有効なんですよ!

スポンサーリンク

子供名義の貯蓄は、罪悪感があって使えない

教育費の積み立ての使いどころは「大学進学の学費」が多いのでは無いでしょうか。
その時期までに貯めたい金額は公立大学で約300万円~。私立大学だともっとあった方が安心でしょう。
結構大変な金額に思えますが、国からもらえる子供手当てを全額貯めるだけで約200万円になるので、実質100万円を家計から教育費として積み立てれば最低目標はクリアできます。

子供が生まれた月から毎月5000円の積み立てで18年間頑張れば年間6万×18年で108万円になります。
子供手当てとコツコツ貯金で300万円は意外と簡単に貯めることが出来るんですよね。

教育資金の積み立てをする場所は「子供名義の口座」をお勧めします。
なぜなら子供名義の口座なら貯蓄目的もハッキリしているので別の事に使ってしまうという事態を防げるからです。
さらに、子供のお金という罪悪感も生まれるので、手軽にそのお金に手を伸ばすという事は出来なくなりますよ。

また、子供が複数いる場合はなおさら子供個人の口座を持つのは必須です。
誰のための貯蓄なのか、それぞれどれくらい貯められているのか一目瞭然にしておくことで、上の子は余裕だったのに下の子は教育費が足りないという事態を回避できます。

子供名義の口座の利点は以下の事が挙げられます。

・貯蓄目的が明確なので貯めやすくなる
・不意の残高減らしへの抑止効果
・兄弟間での教育費格差の防止

また「お爺ちゃんからのお年玉」等、入金したお金の内容のメモを通帳に書き込んでおくと記録としても使えて一石二鳥。
結構便利なのでやってみてはいかがでしょうか。

子供の通帳の作り方

子供の通帳を作るのって面倒なんじゃない?
と思いがちですが、これが意外と簡単なんです。

赤ちゃん名義の銀行口座を作る時に必要な物は、

・親の身分証明書(免許証や保険証)
・子供の身分証明書(保険証)
・印鑑(親の通帳の印鑑と同じでOK)
・口座に入金するお金(何円でもOK)

と特別な物は必要ありません。
銀行によっては口座の使用理由を聞かれる事もあるそうですが、変に慌てず、お祝い金やお年玉の管理のため、などといった理由を普通に応えればOKです。
また、口座開設の際には『クレジットカードの暗証番号』を設定する必要があるので、その場で慌てないためにも事前に考えておくと良いですよ。

教育費の積み立ては無理なくコツコツ

出産準備で結構な出費になり、子供ってお金がかかる~と思いがちですが、赤ちゃん~小学生頃までは子供にかかるお金というのはそう大きなものではありません。
もちろん大人だけの生活の頃に比べれは雑費は増えていきますが、教育費として考えると支出が増えるのはやはり中学~大学の頃がピーク。

その時に備えて、子供が小さなうちは教育費を貯めておきたいもの。
けれど、あまりにも気合を入れ過ぎて毎日が節約ばかりでは楽しくないですよね。

貯金のある家というのは、家族でのレジャーも大いに楽しむ『メリハリ』を持っています。

まだ生まれたばかりの赤ちゃん、教育費が大きく必要になる頃までにはまだまだ時間があります。
今から始めれば、少額の積み立てでも18年後にはまとまった金額になるのですから、長い目で目標を見据え、無理のない教育資金準備をしましょう。

こうするのが正解、というやり方はありません。
自分に合った方法でやりくりを楽めば、結果は追いついてくるものですよ。