笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

沐浴っていつまで?一か月すぎても沐浴でいいの?

calendar

赤ちゃんのお風呂事情は家庭によっても様々です。
パパ等の他の家族が手伝ってくれる家庭もあれば、準備から片付けまで全部ママ一人!という家庭も。

生後一か月頃までは赤ちゃんはベビーバスなどにお湯をためて体を洗ってあげる「沐浴」で入浴をします。
これは生後一か月頃までの赤ちゃんの抵抗力が弱いためだと言われます。
一か月健診が済んだ頃からは大人と一緒に湯船につかってOKと言われるようになりますが、まだ小さな赤ちゃんを大きな湯舟に入れるのは怖いという場合はベビーバスでの沐浴でも全然かまわないのだそう。

特に、一人で赤ちゃんのお風呂を世話しなければならない場合、自分も裸になって体を洗って、赤ちゃんも洗って・・・とドタバタするよりは、赤ちゃんだけをベビーバスで洗ってあげる方が断然ラクチンな場合も。
一か月を過ぎたから大人と同じお風呂でなければならない、という事は全然ないので赤ちゃんがベビーバスに入れるうちはベビーバスを活用して入浴させると良いと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんのお風呂は手早く、の鉄則

赤ちゃんを沐浴させる場合もお風呂に入浴させる場合も、共通して言われるのは「手早く」ということ。
赤ちゃんは体が小さくすぐに温まってしまうため、長風呂は厳禁なんです。
丁寧に洗いすぎて時間がかかり、赤ちゃんの負担になってしまったなんてことにならないよう、気を付けたいものです。

慣れないうちは怖さもあって、慎重になりすぎてしまうかもしれませんが、毎日やる事なので自然と手早くできるようになるので大丈夫。
どこの産院でも産後の入院中に沐浴の指導はあると思います。
コツを教えてもらったり、練習をさせてもらったりすると自信が付くので、積極的に教えてもらってくださいね。

赤ちゃんにスキンケアは必要か

一昔前は「赤ちゃんにはスキンケアは不要」という認識があった時代もあったようですが、今の常識は「赤ちゃんにスキンケアは必要」です。
赤ちゃんの頃からお肌をケアしていた子は肌トラブルのリスクが下がるという研究結果もあり、赤ちゃんの頃こそお肌を守るスキンケアを欠かさないようにしたいのです。

けれど、赤ちゃんのお肌は敏感。
適当な保湿剤を使ったら肌荒れした、という残念な事例も少なくありません。
だからこそ、スキンケアに使う保湿剤は「お肌に優しい物」を選んでほしいのです。

お肌にやさしい、ってどんなものかと言えば「合成着色料、合成香料、石油系合成界面活性剤、シリコン」を使わない物。
それでいて、使用しているのが「オーガニックの植物成分」である商品は多くのママが支持しています。

原料、製造工程、パッケージ選びにまでこだわった商品だとして最近注目を浴びているのがbabybuba(ベビーブーバ)

雑誌なので見かけたことある!という人も多いかもしれません。
このベビーブーバがオンラインショップをオープンし注目を集めています。

このベビーブーバの大きな特徴として「国産」であることが挙げられます。
日本人の肌に合うよう作られた国産のスキンケア、ベビーブーバは赤ちゃんの始めてスキンケアに嬉しいこだわりが満載の商品です。

「洗う」「潤す」「バリアする」

赤ちゃんのお肌に大切な3つのステップをベビーブーバで守ってみてはいかがでしょうか。

ベビーブーバとは?

『国産オーガニックベビースキンケア babybuba(ベビーブーバ)』

あかちゃんにとって、優しい商品ってなんだろう?そんな疑問からbabybubaは生まれました。
デリケートなお肌に直接使うものだからこそ、合成着色料、合成香料、石油系合成界面活性剤、シリコンは一切使わず、 自然の恵みを最大限に生かすオーガニックの植物成分を採用。 じっとしていないあかちゃんを手早くケアできるよう容器の使いやすさにもこだわっています。

日本人の肌に合うバランスの良いナチュラル配合で、さらさらの髪とトラブルのないしっとりもちもち肌へ導きます。
国内のオーガニック認証を得た工場で作られるbabybubaは、天然由来成分99%以上のフレッシュなオーガニックスキンケア

※毎日使いたくなる天然精油の香りがスキンケアの時間を楽しくします。
※全製品、オーガニック認証の第三者機関、ECOCERTの認証を取得しています。厳しい基準をクリアした確かなオーガニック製品です。

もっと詳しく知りたい人はbabybuba(ベビーブーバ)オンラインショップへ!