笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

授乳中にカフェイン摂取や飲酒がダメな理由

calendar

reload

授乳中にカフェイン摂取や飲酒がダメな理由

母乳で育てるママ達は普段の食事を気にしたり、食べたいものを我慢している人も多いと思います。

特に授乳中ママを悩ませるのが「お酒」と「カフェイン」
妊娠を期に大好きなお酒を我慢して、出産したのに今度は授乳のために禁酒。
でも、結局我慢の限界で断乳しちゃう人もいるとか。
大好きな嗜好品を絶つって大変なんですよね。

スポンサーリンク

アルコールは母乳にでるって本当?

illust2016_thumb

ちょっと位なら、と授乳中なのに飲酒を解禁するのは絶対にやめて欲しい行為です。
何故なら、ママの血中アルコール濃度と同じだけ母乳にアルコールが出るため、飲酒後の授乳はアルコールの混じった母乳を赤ちゃんに飲ませることになるそう。
ママが大量の飲酒をした後に授乳をするようなことがあった場合、赤ちゃんがアルコール中毒の症状になる危険があるのです。
また、少量の飲酒であっても赤ちゃんが興奮して眠らなくなったり、運動能力や肥満の影響も懸念されるそうなので授乳中は絶対にアルコールは飲まないこと。

どうしてもお酒が飲みたい!と爆発しそうなときはミルクの準備をして、飲酒後の授乳は絶対にしないようにしましょう。
授乳をしなくてもアルコールの母乳は作られるので、飲酒後の母乳は絞って捨てる必要があると言います。

カフェインの赤ちゃんへの影響

アルコールと同じように授乳中に気を付けたいのが「カフェイン」ですね。
母乳にはママの摂取したカフェイン量の1%ほどが移行されるようですが、コーヒー1杯位なら授乳中に飲んでも別に影響はないと言います。
一日のブレイクタイムにコーヒーを飲んで一息つけるのは、ストレス解消にも役立つ大切な時間でもあるので我慢せずに飲んで大丈夫。

でも気になるようなら授乳後に飲むようにしたり、カフェインレスコーヒーを選ぶのも良いと思います。
最近では妊娠中や授乳期のママのために作られたコーヒーも色々商品化されているのでお好みのコーヒーを探すのも楽しいかもしれませんね。

赤ちゃんにこんな症状が出たらカフェインの摂りすぎ!

赤ちゃんはカフェインへの感受性が高く影響を受けやすいのも事実。
落ち着きが無い、いつもより愚図る、寝つきが悪いなどの変化がみられるときはママのカフェイン摂取が多すぎるのかも。

fumira_baby03_soft_s

カフェインはコーヒーだけでなくココアや緑茶、チョコレートや栄養ドリンクなどにも含まれるのでカフェインの含まれる飲み物や食べ物の過剰摂取には気を付けたいものです。

好きな物を我慢するというのは本当に辛い事ですが、授乳の期間はあっという間に過ぎてしまいます。
赤ちゃんの健康のためにも我慢してみても良いと思いますよ。

参考:ノンカフェインで美味しいたんぽぽコーヒー



予想以上にちゃんとコーヒーだから嬉しい♪

カフェインレスコーヒーとオーガニックコーヒーの専門店コトハもオススメ。

コーヒー好きな子育て中ママに人気のお店。
出産祝いや、内祝いで利用する人も多いですよ♪