笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

チャイルドシートはなぜ必要?「使わない」は「ありえない!」

calendar

さっそくですが、お子さんを車に乗せる時「チャイルドシート」に座らせていますか?
まさか「同乗者に抱っこしてもらってるよ」なんてママは居ませんよね!?

6歳未満の子供を車に乗せる時は「チャイルドシートに乗せる」事が法律で決まっている事は、車を運転する人でなくても知っている常識のはず。
それなのに未だに「抱っこしていた子供が車外に放り出され死亡」なんて事故のニュースがあり、驚くことがあります。

チャイルドシートは出産準備として用意するべきアイテムの一つ。
何故なら出産して退院する時は赤ちゃんと一緒の退院になる場合が多く、赤ちゃんが初めて車に乗るのは「病院から自宅へ帰る時」というのが多いからです。
車を使う頻度の多い少ないにかかわらず、赤ちゃんを車に乗せる場合は「チャイルドシート」これは絶対に守りたいルールです。

スポンサーリンク

どうしてチャイルドシートが必要なのか?

メーカーや車によっても異なりますが、一般的に6歳未満(身長130センチ以下)の子供の場合、車に装備されているシートベルトでは「体に合わないため、シートベルト装着の効果があまりない」と言われています。車の座席は大人の体に合わせて設計されており、子供には座高が合わないのは明らかですよね。

赤ちゃんの場合は1人で座ることすらできません。
チャイルドシートを使わず車の座席に寝かせて運転すると言うのは、事故に遭わずに普通に運転している場合でも危険です。
流石にそんな状態で赤ちゃんを車に乗せている人はいないと思いますが、意外に多いのが「同乗者に赤ちゃんを抱っこしてもらって乗る」という行為。

「もしもの場合は、抱っこしている人が赤ちゃんを守るわ!」

何てことは絶対に無理。
何故なら、車を時速40㎞で走らせていた場合、事故の衝突で体重×30倍の衝撃がかかると言います。

体重5キロの赤ちゃんでも150キロの衝撃になるのです。
とっさの時に大人の力で150キロを支えるのは無理だと思いませんか?

もしもの場合、車外に放り出されたり、シートやドアの車内構造物にぶつかるという危険にさらしてしまう「抱っこ乗車」、絶対にやめたいですね。

チャイルドシートに乗せると泣く、どうする?


赤ちゃんをチャイルドシートに乗せずに抱っこ乗車してしまう理由として一番多いのが「チャイルドシートに乗せると泣くから」という理由。
確かに、赤ちゃんは一人でチャイルドシートに乗せられるよりも大人の腕の中の方が安心します。

けれど、先に述べたように赤ちゃんを本当に守ってくれるのは「大人の腕」ではなく「チャイルドシート」

赤ちゃんは、はじめ泣いていても車の揺れで寝てしまう事が多いものです。
泣いたからと言って走行中にシートを外して抱っこしてしまうのは絶対にやめましょう。
抱っこ要求には近くのコンビニなどで車を止め、赤ちゃんと一緒に車外に出て休憩する事をお勧めします。

それじゃぁ目的地につかないよ、と思うかもしれませんが、それは仕方のない事。
赤ちゃん連れの生活は大人の計画通りには行かない物。初めから割り切って、予定よりも早めの行動、余裕のある予定計画をする事で上手くいきますよ。

お腹が空いた、オムツが濡れた、抱っこされたい、という赤ちゃんの不機嫌を原因を取り除き、赤ちゃんもご機嫌で車に乗れる状態にしてあげることも大切です。

また、車内の空調を大人に合わせてしまうと赤ちゃんには「暑すぎる」「寒すぎる」という場合があるので気を付ける必要があります。
チャイルドシートを取り付けた座席の窓に日よけを付ける、冷房対策にひざ掛けを準備しておくなど、赤ちゃんが快適に過ごる準備をしておくと安心ですね。

「車に乗る時はチャイルドシートが自分の居場所」なのだと赤ちゃんの頃から教えることで、成長してからも嫌がらずにきちんと座り、シートベルトを締めれる子になります。

車の事故はいくら運転手が気を付けていても、予想もしない所から襲ってくる場合があります。
もしもの時に命を助けてくれるチャイルドシート、シートベルト。

まずは大人が意識をして「家の近くだから」「いつも通る道だから」という油断をすてて日々装着の習慣を身に着けることが大切です。

安心して赤ちゃんを車に乗せることができよう、自家用車にはチャイルドシートの準備を忘れないでほしいと思います。

人気のチャイルドシートは新生児から使えるタイプ

新生児から使える人気のシート。取り付け簡単。