笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

産後の尻デカ垂れ尻にならないためのコツ

calendar

出産を経験した女性は、腰が張ってお尻が大きくなりがちです。
その原因は開いた骨盤。

最近は骨盤ケアのために整体に通う人も増えてきていて整体院でも「産後ママプラン」なんて物を売り出している所もあります。
でも小さな赤ちゃんを抱えて整体通いなんて、現実的にはちょっと難しい人の方が多いと思いですよね。
massage_soft_s

だからといって妊娠、出産によって開いた骨盤をそのままにしておくと、腰回りにどんどん脂肪がついてお尻がドーン!と大きな体形になってしまいます。
骨盤の開きはホームケアできるもの。
尻デカなママにならないためにも、産後のケアはしっかりやりましょう!

スポンサーリンク

産後ケアの基本は骨盤ケア!

骨盤の引き締めは産後すぐから行えます。
産後すぐの頃は骨盤ベルトの使用に並行して、ベッドの上でもできる産褥体操をすると効果的。

そして、普段の生活でも骨盤を開かせないように気を付けることが大切です。
特にあぐらや横座りは骨盤をゆがませる原因になるのでしない方が無難。
椅子に座るか正座がオススメです。

ながら運動でヒップアップ!

料理をしながらかかとの上げ下げ、歯磨きをしながら腰回しなど、生活の中に簡単な運動を取り入れると体形戻しがスムーズに進みます。
こういった運動はとにかく「継続」が大切。
無理しないでできる量で毎日続ける事を目指しましょう。

ヒップラインは自分では見えないからついついケアを怠りがち、でも他人から見える「後姿」だからこそ頑張りたいものです。
お尻がキュッとあがっているだけで若く見えますよ!

骨盤ガードルは永遠の友

産後1か月頃からは骨盤ベルトの代わりに「ガードル」を利用する人も増えるようです。
一昔前の「産後ガードル」はちょっとゴツイ感じの物が多かったのですが、最近は薄手でパンツスタイルに響かない「骨盤ガードル」があるので、オシャレの邪魔にならないのも良いですね。
ハイウエストタイプの骨盤ガードルなら、たるみがちな産後のウエストまでカバーしてくれます。
この骨盤補正ガードルは骨盤をサポートするベルトとボディを整えるガードル機能が一つになっています。
ヒップラインに沿ったクロス型の裏打ちで、ヒップを下から持ち上げて、高く、丸く整え、骨盤もしっかりサポートしてくれます。

実は骨盤の歪みや開きは産後だけの問題じゃありません。
生理の時にも骨盤は開くし、日々の生活でも歪みが生じてきます。
そんな骨盤ケアを手軽にしてくれるのが「骨盤ガードル」なんですよね。
産後にちゃんとケアしたからもうしなくていいや!と言っていると尻デカまっしぐら。
さらに、骨盤の歪みは体調不良の原因にもなるので注意したいですよね、家族の笑顔のためにはママの健康が必須です。

なので手軽で長く使える骨盤ガードルはとてもおすすめなのです。

産後の尻デカ、垂れ尻にならないためのコツ3つ

・産後はあぐらをかかない、横座りもしない
・簡単な運動!かかとの上げ下ろしでヒップアップ
・骨盤ベルトやガードルを上手に使おう!

以上、難しい事は何もありません!
日常のちょっとした意識で美尻は守られるんですね。