笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

産後は自然と痩せる、の罠!?なかなか痩せない真実

calendar

産後は自然と体重が落ちる、母乳を与えているだけで自然にダイエット、とはよく聞きますが。
今まで3度出産を経験した私から言わせると「産後だからといって自然に痩せる人ばかりではない」と言うのが事実だと思います。
特に、20代よりも30代以降で出産した場合の体重の減りの悪さには驚きました。
1人目の時はするっと体重が落ちたのに、3人目の時は全く体重が落ちてくれなかった。
同じように生活をしていたにもかかわらず、どうしてこう違ったのでしょうか。
原因は「基礎代謝」の違いにあったようです。

スポンサーリンク

基礎代謝とは?

痩せやすい人、痩せにくい人の違いは「基礎代謝」にあると言われています。
基礎代謝とは人が生命を維持するために必要最低限のエネルギーの事で、じっとしていても消費されるエネルギーの事。
呼吸をしたり、体温の維持、脳や内臓を動かすと言った生命維持の行動にはエネルギーを使っていて、その消費されるエネルギーの事を基礎代謝なのです。
一日のエネルギー消費の約70%このがこの基礎代謝による消費とされているというのですから、かなり大きなエネルギーですよね。

一日に消費する基礎代謝の平均は成人男性では1600㎉、女性が1200㎉前後と言われていますが、この基礎代謝は40代を過ぎると急激に下降。
基礎代謝が減る事で「中年太り」に繋がったりするようです。
また、妊娠中は動作がゆっくりになる事が多くそれによって筋肉量が落ちてしまうと基礎代謝が減ってしまいます。

加齢と筋肉量の低下によって知らず知らずのうちに基礎代謝が落ちていると、産後の自然とダイエットは夢のまた夢になってしまうのです。

基礎代謝を上げるにはどうしたらいい?

ダイエットするために大切な基礎代謝のアップ。
では、この基礎代謝を上げるためにはどうしたらいいのでしょうか。

基礎代謝を上げるには「筋肉量をアップさせる」事が大切だと言います。
なぜなら基礎代謝の大部分は、筋肉によって消費されるから。
筋肉の量が多いほど基礎代謝量は上り、消費エネルギーは大きくなるのだと言います。

鍛えるべきは体の中の大きな筋肉であるお腹、背中、太もも。
どの部位も産後はたるみや脂肪の付きが気になる部位ですね!

ママタレさん達が「子供を抱っこしながらスクワットしています」と発言するのを聞いた事ありませんか?
何気にこれってママにとって最高の筋トレ法。
だって、子供の成長と共に負荷が増えるのでどんどん鍛えられる。
スクワットは太ももの筋肉を鍛えるのにとても効果的な運動だと言います。

赤ちゃんが泣いたら筋トレチャンス!
上下運動の揺れで、赤ちゃんもグッスリタイムに戻ってくれること間違いなしです。
※くれぐれも赤ちゃんを振り回したりはしないように気を付けましょう。

基礎代謝のアップには温活も効果的

基礎代謝を低下させる原因の一つとして「冷え」があるそうです。
女子にとって天敵の冷えは産後になって急に感じ始める人も居るほど。
体のあらゆる不調を引き起こす原因にもなる「冷え」によって内臓温度が1度下がると基礎代謝は12%も下がってしまうのだとか、まさにダイエットの大敵でもあります。
適度な運動や体を温める食べ物の摂取、さらに半身浴などの効果的な温浴で体を冷やさない工夫をすることは産後ダイエットをしていくうえで大切なようです。

まずは簡単なことからでも良いので冷え対策もしましょうね。

オススメは朝起きたら「白湯」を飲む事。
朝の白湯は体を温める効果!内臓を温めて目覚めさせ、便通も良くなります。
ダイエットや美容にも良いと有名ですよね。

PR:お湯がすぐ出るウォーターサーバーが本当に便利。赤ちゃんのミルク作りにも使えます。