笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

冬の赤ちゃんの服装、着込みすぎに注意!

calendar

寒い季節ですね、赤ちゃんが寒くないようにと室温や湿度に気を配るママも多いはず。
けれど、赤ちゃんの寒さ対策を頑張るあまり、多めに着せすぎて赤ちゃんが汗だく!なんて事になっていませんか。
ママは冷え性で寒がり、沢山着込んでても寒いという人ほど、実は赤ちゃんにも沢山着させてしまう傾向にあるよう。

子供は大人よりも体温が高く、汗もかきやすいことを忘れてはいけません。
多くの育児関連書籍などでも「子供は大人よりも1枚少ない服装」を推奨しているように、赤ちゃんは着込みすぎに注意が必要なんです。
冬だからと言っても、室内にいれば暖房のおかげでそこまで寒い場所で過ごすことは無いはずです。
それなのに、大人の感覚で寒くないように、体を冷やさないようにと厚着をさせ、さらに厚い布団の中に寝かせておいては赤ちゃんは暑くてたまらない状態に。
寒くないようにしてあげているのに、愚図って寝ない、眠りが浅いという場合は「暑すぎ」なのかもしれませんよ。

赤ちゃんが暑すぎて汗をかいていないか、時々背中に触れてチェックしてみてください。
汗をかいている様ならば一枚下着を減らしたり、室温の調整をするなどしてあげて下さいね。

スポンサーリンク

汗っかき赤ちゃんの下着は綿100%の物を選ぼう

赤ちゃんの下着選びはお肌に優しい事を考えて綿の物を選ぶ人が多いようです。
綿100%の下着は、肌に優しいだけでなく保温性・吸湿性にも優れているので冬でも汗っかきな赤ちゃんにピッタリなんです。
防寒に肌着は大切な物、最近ではヒートテックなど機能性インナーも沢山ありますが、暑がりな赤ちゃんにはあまり向きません。
室内で過ごすことの多い赤ちゃんには普通の綿の肌着が一番なんですね。

冬なのに汗疹!?重ね着のしすぎに注意

赤ちゃんの着込みすぎによる弊害で一番多いのが「汗疹」です。
汗疹と言えば夏の皮膚疾患のイメージですが。実は赤ちゃんの冬の汗疹も多いのが現実。

大人と同じ感覚で沢山重ね着をさせてしまうと、汗疹ができるほど汗をかいてしまいます。
また、冬であっても赤ちゃんのオムツの中は湿度が高くムレムレ状態。
オムツかぶれにも気が抜けません。

オムツはこまめに変えて清潔に、汗疹ができないように衣類の調整。
冬のお世話も気が抜けないのが大変ですね。

また、冬は夏よりも「脱水」に注意が必要だという事も覚えておきましょう。
夏は目に見えて汗をかくので水分補給にも気を使いますが、冬は知らず知らずのうちに汗をかき水分を失います。
衣類の着せすぎにも気を付けたいのと同時に、夏と同じように冬も水分補給をこまめにすることをお勧めします。

PR:ミルクもカンタンベビアクア