笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

我が子の為に「貯蓄体質」になる!まずは間違った節約をチェック。

calendar

子供が生まれると、将来の子供の教育費として貯蓄をしたいと考える人も増えるでしょう。
特に子供が小学校低学年までは「貯め時期」とも言われています。
出産によって用品購入等によって一時的な出費はあるものの、実は赤ちゃんを育てるのにそこまで生活費が増えるという事はありません。
だからこそ、十数年後の本当にお金のかかる時に備えて堅実に「貯蓄をする」という習慣を身に着けたいのです。
けれど貯蓄をするために節約を頑張っているのに成果が出ない、という人も多いようです。
実は、過度な節約はストレスに繋がったり、家族との関係をギクシャクしてしまう原因にもなります。
節約ばかりを意識するのではなく、何気なくやってしまっている「無駄行動」を見直してみませんか?

スポンサーリンク

盲点、お得と思ったら逆に無駄

小さな赤ちゃんを抱えていると「買いだめ指向」になるママも多いもの。
けれど実は買いだめって上手にやりくりできる人じゃないと逆効果だったりします。
買いだめした食品を使いきれずにダメにしてしまう、日用品のストックばかりが増える、と言う人は買いだめに向きません。

またお買い物の時に「〇点以上で〇割引」というセール文句でついついあまり必要でないものまで買ってしまう人も要注意です。
割引になっても結局総額は増えていることに気が付いていますか?
これと同じで「〇円以上で送料無料」のネットショッピングも無駄買いの罠であることが多いようです。
全て必要な物でその金額になるのならもちろんお得なのですが、割引にするために不要なものまで増やしてしまうのは絶対に無駄なんです。

どうするのが本当に得なのか、見極める力を持ちたいものです。

癒しの時間が実は逆効果?就寝前のネットは罠がいっぱい

子供が寝てからのネットサーフィン、私もやめられない一人なのですが、夜のネットショッピングでついついお買い物してしまっていませんか?
ネットショップのタイムセールは夜に行われていることが多く、ついつい限定価格に目が行きがちです。
「6時間限定セール」などで思わずポチっとしてしまう人、今日から就寝前のネットをやめてさっさと寝てしまいましょう。

自分へのご褒美が欲しいから、それが安く買えたんだからお得だよね。
でも本当にそれ、必要な物ですか?

ただでさえ寝不足な子育て時期です、子供が寝ている時は一緒に寝て体を休める方がよっぽど心も体が癒されますよ。
産後の寝不足期、一番のご褒美は「睡眠時間」のはずです。

また、お金が貯まる人は「早寝早起き」の人が多いと言います。
子供の成長においても早寝早起きはとても大切な事、ママになった今こそ、子供と一緒に「早寝早起き習慣」を身につけるチャンス。
「子供と一緒に寝落ち」は決して悪い事ではありません、むしろ睡眠時間は増える、無駄なネットショッピングの誘惑からも解放されてメリットだらけだと思いますよ。

将来を見据えた生活をしよう

貧困、下流老人、お金にまつわる嫌なワードばかりが出てくる時代です。
子供を将来貧困にさらさない、自分が下流老人にならないためには、やっぱりお金を大切に使うという意識を持つこと、大切なお金を将来に残す習慣を身につけることは必要な事だと思います。
収入があったらまずは「先取り貯金」をしましょう。
はじめは少額でいいんです。
やりくりになれたら金額を増やし、毎月収入の1~2割を貯蓄できるようにしていくとよいようです。
コツコツと続けることで「貯蓄体質」は作られます。

貯蓄があると、不思議と心にも余裕が生まてきます。
子供を育てていると将来まとまったお金が必要になる日は必ず来ます。
その日に困らないために、親になった今こそお金との付き合い方を見直していきたいものですね。