笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

産後の授乳中に飲んではダメな薬、飲める薬

calendar

風邪やウィルスが気になる季節です。
赤ちゃんの体調管理には気を付けていたけれど、予想外に自分が体調を崩してしまったなんてこともあるこの季節。
軽い風邪だし、安静にしていれば治る。どうせ授乳中だから薬も飲めないしと病院に行くのも控えてしまっていませんか?

しかし、薬を飲まなかったがためにママの症状が悪化してしまう事もあります。
実は「多くの薬は授乳中に飲んでも赤ちゃんにはほとんど影響しない」のだそう。
もちろん、授乳中の薬の使用は医師や薬剤師に相談し、その指導課で使うのが基本となりますが、自分の体調の悪さを軽視して放置しないようにするのは大切なことなんですね。

スポンサーリンク

この薬飲んでも平気?と不安なママ達に読んで欲しい小冊子

妊娠中の女性や産後のママ達に薬の服用の正しい理解を広めようと、製薬会社で作る一般社団法人「薬の適正使用協議会」が「妊娠・授乳とくすり」という小冊子を作成しました。

%e5%a6%8a%e5%a8%a0%e5%87%ba%e7%94%a3%e3%81%a8%e3%81%8f%e3%81%99%e3%82%8a
出典:くすりの適正使用協議会

この小冊子は妊娠前後と授乳期の誤解や不安を解くことに力点を置き、注意点をまとめた内容。
ママ達のが不安に思いがちな内容をQ&A方式で紹介しています。
花粉症や便秘など一時的な薬を飲む際の注意や、妊娠後半期の痛み止めの影響などといった最新情報も読むことができます。

ダウンロード⇒くすりの適正使用協議会ホームページ

授乳中の薬の影響は?

「妊娠・授乳とくすり」の小冊子の中から授乳中の薬について一部を紹介します。

授乳中のくすりの影響

お母さんが授乳中に薬を飲むと、その薬の成分が母乳中に移行すると言われています。
しかし、母乳に移行する薬の成分はごくわずかであり、その母乳を飲んだ赤ちゃんの体に吸収されるのはその一部分でしかありません。
そのため、多くの薬は最終的には赤ちゃんに何らからの影響を及ぼすことはまずありません。

中には赤ちゃんに影響が出るほど吸収する薬もありますが、それはごく限られた薬だけです。

授乳中の薬の服用

多くの薬は赤ちゃんの体に吸収される量が少ないので、薬を飲みながら授乳を続ける事ができます。
ただし、授乳中に薬を飲みたい場合は、それぞれの薬の情報をもとに、医師や薬剤師といった専門家と相談しながら決める必要があります。

また、お母さんが病気の為に長期間薬を服用する必要がある場合は注意が必要です。
赤ちゃんの体に蓄積された成分が赤ちゃんに影響を及ぼす危険があるからです。その場合は、治療を受けている医師などと相談して授乳に影響の少ない薬に変えてもらうなどしましょう。

授乳中に飲んでも影響のない薬の成分

〇痛み止め・・・アセトアミノフェン、センノシド
〇下剤・・・センナ、センノシド
〇胃薬・・・ニザチジン、ファモチジン、ランチジン
〇花粉症・・・フェキソフェナジン

服用する時は医師や薬剤師に相談し、指導を受けてから服用するようにしましょう

普段から自分の体調にも敏感でいよう

産後は体力の低下や免疫の力の低下もあって、病気にかかりやすいといいます。
普段から体調管理に気を使うのはもちろん、少しおかしいな、と感じた時はすぐに休養を取る、悪化する前に医師に相談をするなどしましょう。

無理は禁物、我慢も禁物です。

まずは自分の体、大切にしましょうね!

参考:くすりの適正使用協議会

illust1468_thumb