笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

産後の貧血防止には鉄分+ビタミンC

calendar

illust1979_thumb

妊娠期から貧血になって鉄錠を飲んでいる人は結構多く、産後になっても貧血気味という人は特に鉄分摂取を意識した食生活をしたいものです。
鉄分摂取と聞いて思い浮かぶのは「レバー」や「マグロ」という人は多いと思います。
レバーやマグロといった動物性食品に含まれる鉄分はヘム鉄といい、吸収率の良い鉄分ですが、レバーが苦手という人も多いですよね。
それに、産後はなんとなく食欲が落ちて重たい物は食べられないという食の変化を感じる場合もあります。
また、妊娠中に増やし過ぎた体重が気になっているという人も居るでしょう。
そういう場合はヒジキやホウレンソウ、切り干し大根に含まれる非ヘム鉄で鉄分を摂取しましょう。

スポンサーリンク

ヘム鉄と非ヘム鉄

鉄分には、レバーや牛肉などの赤身、マグロ、カツオなどの赤身魚、アサリ、シジミといった動物性食品に含まれるヘム鉄と、ヒジキ、ホウレンソウ、切り干し大根、大豆製品などの植物性食品に含まれる非ヘム鉄の二種類があります。
非ヘム鉄はヘム鉄と比較すると鉄分の吸収率が劣ります。しかしある栄養素と組み合わせることでその吸収率を上げることができるのです。

その栄養素とは「ビタミンC」と動物性のタンパク質。
ビタミンCは野菜や果物に含まれているので、カロリーを気にする産後ダイエットママでも積極的に摂取できる食材のはずです。
動物性たんぱく質は、肉、魚、卵、チーズ、牛乳などに含まれており、摂取しやすいものでもあります。
これらの食品を少しづつ、バランスよく摂取すれば鉄分の摂取もできて理想的。

貧血予防にも大切なのは「バランスの良い食事」なんですね。

鉄分の吸収を妨げるもの

鉄分の吸収を助けてくれる栄養度があると同時に、実は鉄分の摂取に気を付けている時は避けたいものがあります。
それはコーヒーや紅茶、緑茶に含まれる「タンニン」
タンニンは鉄分の吸収を妨げてしまうので、貧血気味の人は特に、これらの飲み物を飲む場合は食後時間を空けてから飲むようにするのが望ましいといいます。

たかが貧血と考えてしまいがちですが、動機や息切れ、眩暈、疲れやすさを引き起こす貧血は悪化すると日常生活に支障を及ぼすこともある危険なものです。
特に、生活のリズムが崩れ疲れがたまっている産後、貧血による体調不良があるととても辛いものです。

自分が食べやすいと思う食品からの鉄分摂取を心がけ、貧血を防ぐための食事を意識して欲しいと思います。