笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

「お食い初め」は赤ちゃんの食の為に行う儀式

calendar

赤ちゃんの成長を祝う行事は沢山ありますが、お食い初めは赤ちゃんが生まれて100日にその子が生涯食べる事に困らないようにという願いを込めて行う昔ながらの儀式。
お膳を準備し、赤飯、鯛の焼き物、汁物などを準備して赤ちゃんに食べさせる真似をさせるのが「お食い初め」です。

産後3か月にもなれば首の座る子も多く、産後のママの体調も安定する時期。
赤ちゃんのお披露目も兼ねて親戚を集め「お食い初め」を行う家庭もあるようです。

お食い初めは出生100日目と言われていますが、その日にちにこだわる必要は無く、100日前後で家族の都合の付く日を選んで行うと良いですよ。
せっかくのお祝いの儀式、皆でお祝いしてあげたいものです。

スポンサーリンク

お食い初めの料理の意味

お食い初めで準備する料理は一般的に一汁三菜(いちじゅうさんさい)、和食の基本でありバランスの良い献立の見本としてよく登場する言葉ですね。
一汁三菜はご飯汁物におかず3品(主菜1、副菜2)を揃える事。
お食い初めの場合は「赤飯」「お吸い物」「焼き魚」「煮物」「漬物」を揃えるのが基本の形のようです。

最近ではお食い初め用の料理がセットで販売されているので、料理を準備するのが苦手、大変という場合は利用すると良いともいます。
有名店の和食膳でお食い初めをする人も増えてますよ。

では、お食い初めをはじめ、お祝いごとに使われることの多い食材にはどんな意味があるのでしょうか。

・ハマグリは2枚貝のようにぴったりくっつき「末永く結ばれますように」という願掛け。
・エビは背が曲がっているので「背が曲がるまで長生きするように」という意味。
・タイはその名の通り「めでたい」から。
・タケノコはタケノコのように「まっすぐスクスク成長して欲しい」という願い。
・梅干しは「シワシワになるまで食に困らないように」という願いや、寒さに耐えて実を結ぶ梅の実のように「辛抱強い子」になるようにという願い。

このように、それぞれめでたい意味のある食材を使って料理を準備すると良いようです。

さらに、料理の他にお食い初めでは「新しい食器」「歯固めの小石」「紅白の餅」を準備する必要があります。

「新しい食器」はこれから離乳食などで使うもので良いようです。
「歯固めの小石」は丈夫な歯が生えますようによいう願掛けで、神社の石を使うようです。
人が踏まない場所の石を借りて使い、お食い初めの後は神社に返すのだとか。
「紅白の餅」は日本のお祝い事には欠かせないアイテムですね。

お食い初めも習わし通りにしっかりやろうとすると、面倒で大変な行事になってしまいます。
なので、伝統は基本として抑えつつ「できる範囲」でお祝いできれば良いのではないのでしょうか。

尾付きの鯛も普段利用するスーパ―ではなかなかお目にかかれない食材です。
事前に予約が必要になりますし、値段も張ります。

鯛を準備しなくても別の尾付きの魚で代用しても勿論良いのです。
大切なのは、子供の為にお食い初めをしてお祝いをしようという気持ち。
家族が笑顔になって楽しめる時間になれば、そのお食い初めは立派な儀式として成り立つと思います。

形式にとらわれすぎず、「我が家のお食い初め」を作るのも楽しそうですね。

babyfood_soft_s