笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

のぶみさんの新刊絵本「ママのスマホになりたい」に世のママ達がドキッ!?

calendar

reload

のぶみさんの新刊絵本「ママのスマホになりたい」に世のママ達がドキッ!?

新米ママにとって育児に関する情報は必要不可欠な物であり、その情報を収集するツールとしてスマホは本当に便利なアイテムです。
けれど、ママがスマホをすることによって子供達の心には寂しさが積もる。

そんな子供の心を絵本にした「ママのスマホになりたい」が発売され話題を読んでいます。

スマホばかり見つめるママを見つめる男の子が切ない表紙。

絵本著者は「ボク仮面ライダーになる」シリーズの「のぶみ」さん。

最新刊のゴースト編の他に「ドライブ」「ガイム」「ウィザード」「フォーゼ」「オーズ」「ダブル」と人気の仮面ライダーがシリーズで登場。
戦隊編で「トッキュウジャーかぞく」や「ジュウオウジャーかぞく」なんて絵本もありますよ。

子供の心をがっちりと掴む絵本を沢山書いている作家さんです。

そんなのぶみさんの新刊が8月8日に発売された「ママのスマホになりたい」なのですが、このお話、現代のママの心にグサリと刺さる内容なんです。

スポンサーリンク

「ママのスマホになりたい」はこんなお話

家事の合間にスマホ、赤ちゃんのお世話の後にスマホ、テレビが始まればテレビを見るママ。
いつになったら僕の番が来るの?

スマホよりも自分を見て欲しいカンタロウはわざと怒った顔をしたり、ママに反抗をするけれど結局ママを怒らせるだけで。
幼稚園でみんなが大人になったらお花屋さんになりたいなんて夢を話す中、カンタロウは「ママのスマホになりたい」と発表をしてしまいます。
そんなカンタロウの言葉を偶然聞いていたママは・・・・・・

カンタロウの気持ちを知ったママはどうしたと思いますか?

シンガポールの小学生の作文を元にしたこの絵本、きっとスマホを手放して子供をギュッと抱きしめたくなります。
題名を見ただけでドキッとしてしまう人も多いかもしれませんよね。

スマホと上手に付き合う事を考えさせられる一冊

スマホに頼らずに育児をしろと言われても、育児の情報収集をするうえで大切なそんざいでもあるスマホ。
急な怪我や病気の時、スマホで病院を探したり処置の仕方を調べたりするのはとても頼りになりますよね。
また、離乳食のレシピを探したり、家に居ながら必要な物を購入できるネットショッピングをスマホでする人も多いと思います。

スマホ育児は良くない、といった情報を目にすることもありますが、スマホは別に悪者では無いはずです。

単純にスマホよりも子供を見つめる時間が多ければいいだけの話し。
緊急の時をのぞき、子供と一緒の時はスマホを手放して子供を見てあげるようにしたいですね。

【参考】一度は目を通したい話題の絵本。
ママのスマホになりたい [ のぶみ ]

illust423_thumb