笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

どうして産後は「足がつる」の?原因と予防策

calendar

妊娠中から就寝中に突然「足がつる」経験をしている女性は結構多いようです。
「こむら(ふくらはぎ)がひっくり返るような痛み」であることから「こむら返り」と呼ばれるこの症状ですが、一時的に強烈な痛みはあるもののしばらくすると収まるのが特徴です。
突然おこるこの足のつりはどうして起こるのでしょうか。

illust2016_thumb

スポンサーリンク

足がつる原因はミネラルバランスの乱れ?

「足のつり」は足の筋肉の異常な収縮によるけいれんだと言います。
急な運動などによる発汗で水分を失いミネラルバランスが乱れた時に起こる症状だと言われていますが、ベットで横になっていたりプールで泳いでいる時にも起こるのは、地面からの圧力が無く筋肉が無防備に緩むとけいれんを起こしやすいからなのだそう。
さらに、栄養が不足する事が原因でも起こると言われていて、産前産後や血流の悪くなる年配者が足のつりを起こしやすいのは栄養の不足が原因なのだとか。

妊娠中は赤ちゃんに栄養を奪われ、産後は授乳で多くの栄養を使う他、育児に追われて偏った食になりやすい事が産前産後の「足のつり」を引き起こしているのかもしれませんね。

足のつりを予防したい!

足のつりを予防する方法としてお勧めするのが「水分」と「栄養」をしっかり補給すること。
特に夏場は汗をかいて体の水分が失われミネラルバランスが乱れやすいので、水分補給はこまめにとるようにしましょう。

水分補給にオススメ!天然水はミネラルたっぷり。
>>富士山の恵みから生まれた天然水【フレシャス】

また、寝ている時に足がつるという人は寝る前にスポーツドリンクなどで水分と栄養ミネラルを補給すると手軽に予防できるようです。

足のつりの原因は「ミネラル不足」の他に「運動不足」もあります。
軽い運動で体を動かし、血流を良くすることで筋肉のけいれんを予防できると言いますから、足がつりやすい人は毎日の生活に「散歩」を取り入れたり、ストレッチやマッサージで筋肉をほぐす習慣をつけると不快な「足のつり」から解放されるかもしれませんね。

この記事をシェアする