笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

夏に急増!?6割以上のママが気にする赤ちゃんのオムツかぶれ対策

calendar

毎日のように最高気温を更新していく夏真っ盛り。
赤ちゃんもママも汗だくの毎日ですね。

クーラーのある家庭ではクーラーを効果的に利用し赤ちゃんの環境作り優先で快適な空間を作ってあげて欲しいと思います。

さて、夏に限った事ではありませんが新生児を持つママ達の心配事として、多くのママ達が気にしている事があります。
それが「オムツかぶれ」

こまめにオムツを変えて清潔にしているのに、赤くなってしまった。
オムツのメーカーを色々試してみるけれどオムツかぶれを繰り返す、という声も。

どうして赤ちゃんのお尻はオムツかぶれになってしまうのでしょうか。

スポンサーリンク

赤ちゃんの皮膚は薄い、だけど発汗量は大人の約二倍

赤ちゃんのお肌は皮膚がとても薄く、柔らかいですよね。角質層の厚さは大人の1/3ほどしかないと言います。
だから刺激に弱く、すぐに荒れてしまうんですよね。
それに加えて、体表面積にある汗腺の数が多く、季節や月齢によっては発汗量は大人の2倍にもなると言います。
汗っかきな赤ちゃんのお尻がオムツにくるまれると、オムツの中は大人の予想以上にムレムレに。
しかも、おしっこやウンチの回数の多い新生児の頃はさらにオムツの中が蒸れた状態になりやすく、その環境が「オムツかぶれ」を引き起こすと言われます。

ちなみに、おしっこ直後のオムツの中は湿度が80%以上にもなるといいます。
梅雨のジメジメ以上の不快な状態になっているなんて考えただけでもグッタリしてしまいそうです。

オムツの中が蒸れていると、柔らかい赤ちゃんのお肌はすぐにふやけた状態になります。
その状態で排泄物の雑菌の刺激や、オムツとの擦れによる刺激があると「オムツかぶれ」になるんです。

夏は冬に比べて汗もかきやすく、オムツの中が蒸れやすくなります。
赤ちゃんがもぞもぞ動いたりお尻を上げてオムツを嫌がるような行動をしている時は、オムツが蒸れて不快なサイン。
すぐにオムツを新しいものに変えてあげるようにしましょう。

ちょっとしたひと手間でオムツかぶれを予防

オムツかぶれの予防にはオムツをこまめに変える事は一番有効ですが、おむつ替えの時に「肌をしっかり乾燥させる」事も忘れてはいけません。
月齢のちいさな赤ちゃん、特に男の子だとおむつ替えの間におしっこを飛ばされるハプニングはほとんどのママが経験していることでしょう。
そのためおむつ替えは手早くサッとしてしまう人が多いのですが、おしりふきでお尻を拭いてすぐにオムツを当ててしまうと、お肌が濡れた状態でまたオムツにくるまれることになります。
すると、オムツの中は一気にムレムレ状態に。

せっかく綺麗なオムツに変えたのに、それではおむつかぶれ防止にはならないですよね。

おむつ替えの時はお尻も乾燥させてから新しいオムツを当てるのが基本です。
夏ならばうちわで扇いで風送ると赤ちゃんも気持ちが良いので喜びますよ。

オムツかぶれが酷い赤ちゃんほど「オムツを外している時間」を増やすと効果的です。
時々、オムツを外して外気浴させると良いとか。
蒸れがオムツかぶれの原因なのですから、オムツの無い状態なら絶対にお尻が蒸れる事無いですものね。

また、オムツを選ぶときは「通気性」にこだわってみるのも良いと言います。
日本製のオムツはとても機能性がよく、外国の方にも人気で時には品薄になっているメーカーも見かけます。
オムツを付けた直後の湿度は40~50%なのだそう。この状態を長く保てるとオムツかぶれの防止に良いようですよ。

もともとお肌の弱い赤ちゃんは「保湿」でお肌を守ろう

いくらこまめなお世話をして、オムツも高性能の物を使っても元々お肌が弱くてすぐにお尻がカブレてしまう赤ちゃんもいます。
そういう赤ちゃんにおすすめなのが「保湿」でお肌を守るケア。

学会でも「保湿が赤ちゃんのアトピーや肌荒れ防止に効果がある」という事が発表されていて、赤ちゃんのお肌に「保湿」が大切だという事はもう多くの人が知っている事実です。

市販の赤ちゃん用の保湿剤も沢山あるのですが、オススメはお肌にバリア効果をもたらしてくれるFam’s Babyです。

ママと赤ちゃん向けのイベントにも多く出店していてママ達の注目と知名度も上がってきたこの保湿剤は、母子手帳副読本にも掲載されていて、赤ちゃんの肌ケア用品としてとても高い効果をもたらすと言われています。

参考:ファムズベビーを実際に使用してみました。

モコモコの泡がシュワッとお肌に溶けていく面白い保湿剤。
赤ちゃんのお肌に優しい成分で作られていて、赤ちゃんの肌荒れに悩むママ達の口コミは喜びの嵐。
オムツかぶれやあせも予防はもちろん、大人の手荒れや靴擦れ防止などに効果が期待できるので、お肌の弱い赤ちゃんだけでなく、日々の肌ケアとして新生児から大人まで家族みんなで使える保湿剤です。

保湿剤で肌荒れを予防。
「守る」効果が期待できます、これからのお肌お手入れはファムズベビーにお任せですね!


使用するオムツやこまめなお世話、そしてお肌をバリアする事でオムツかぶれから赤ちゃんを守りましょう。
オムツによる不快が少しでも軽減されれば、赤ちゃんの愚図りも減り、ママの不安や育児ストレスも軽減されるはずです。

赤ちゃんの機嫌が良ければ、ママも笑顔で育児ができるんですよね。

illust988_thumb