笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

夏の愚図りや夜泣き、もしかして寝苦しさのせいかも?

calendar

真夏の熱帯夜。
お腹もいっぱいでオムツも綺麗ないのに、さっぱりて寝てくれないし眠りも浅い赤ちゃん。
これってどうして?とママも汗だくで寝不足の毎日、泣きたくなることがあります。

大人でも寝苦しい夜は赤ちゃんも寝苦しいものですよ。
寝苦しければ赤ちゃんも眠れなくてぐ愚図るのは当たり前。
まずはお部屋の環境を整えて、赤ちゃんが心地よく眠れる環境を作ってあげましょう。

スポンサーリンク

熱帯夜でも一晩中クーラーは良くない?

体に悪いから、寝る時は必ずクーラーを消すという家庭もあるようですが、最近の日本の夏は夜でも気温が下がらない熱帯夜になる事が多く、寝ている間の「熱中症」も問題視されています。
高層ビルの上階で、夜は窓を開ければクーラーいらずなんて部屋に住んでいるなら別として、窓を開けていても外の暖かい空気は部屋の中を冷やしてはくれませんし、防犯上窓を開けっぱなしで寝る事ができない家庭もあるかと思います。
窓を閉め切り、クーラーも消して眠ってしまうと次第に部屋の温度は上って蒸し暑い環境が出来上がってしまいます。
そんな中で眠るのは大人でも辛い物、体温調節の苦手な赤ちゃんは大人以上に苦しい思いをしているかもしれません。

小さな赤ちゃんの居る家庭こそ、夜は少し温度を高めに設定したクーラーを運転したままの方が赤ちゃんも大人もグッスリ眠る事ができて良いと思いますよ。

地域や季節によっては、朝方は結構冷えてくる事もあると思います。
そういう場合はクーラーのタイマー機能を上手に使うなどすると良いですよ。

クーラーに頼らず、快適な睡眠環境を作る?

どうしても寝る時のクーラーは避けたい!というなら別のアイテムで乗り切りましょう。
最近は接触冷感型の寝具も多く、クーラーが無くても快適な環境を作る事ができるようになっています。

敷きパットタイプのヒンヤリマットは洗えるものが衛生的でオススメです!

またエコな扇風機も上手に活用しましょう。
直接風が当たらない向きにして、部屋の中の空気を循環させるだけでもだいぶ快適に眠る事ができますよ!

寝ているのが仕事なんだから、赤ちゃんだって寝苦しいのは嫌だ!

一日の大半を寝て過ごす赤ちゃん。だからこそ気持ちよく眠る環境を作ってあげたいものです。
昼間はクーラーで調節された気持ちの良い部屋でスヤスヤと眠れるのに、夜になると途端に熱帯夜で寝苦しくなれば赤ちゃんの夜泣きが酷くなるのは当たり前。
ママだって、ただでさえ寝苦しい夜に愚図られるのは体力的にも精神的にも辛いものです。
夜間の寝苦しさのせいで、赤ちゃんが昼間ばかり寝るようになれば、昼夜逆転してしまうのも心配です。

夏の寝室の環境は、夜こそ快適にするようにしましょうね。

これもオススメ!

フワフワのガーゼケットはタオルケットよりも快適!

illust1238_thumb