笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

豆知識、七夕のお話

calendar

今日はちょっと無駄話、7月なので七夕のお話。ママになった貴女はどんなお願い事をしますか?

七夕と言えば「彦星」と「織姫」の物語を想浮かべる人が多いかと思いますが、笹竹と短冊の豆知識は知らない人が多いかもしれませんね。
なので、笹竹と短冊のお話です。

スポンサーリンク

笹竹に飾るのはなぜ?

笹竹は神聖な物で、根強く、繁殖力も強い植物です。笹竹は成長が早い事でも有名ですね。
風雪寒暖にも強い生命力の強さと神秘性を兼ね備えていることから七夕に使われているのだと言います。
また、笹の葉がこすれ合う音は神様を招くと言われているとか。
サラサラと笹のこすれ合う音は優しげで、何となく涼しげな感じもしますね。

なぜ短冊に願い事をかくの?

七夕に短冊に願い事を書くようになったのは江戸時代だと言います。江戸時代の寺子屋で学んでいた寺子達が学習が上達するようにと短冊に願いを書いたのが始まりなのだとか。
それが今の時代でも続いていて、色んな願いを短冊に書くようになったんですね。

笹竹の生命力と神秘の力に願いを込めれば、笹の葉の音に誘われてきた神様が短冊を読んでくれるのでしょう。

母となり、我が子の成長と健康を願うなら、笹竹の生命力の強さに願掛けするのはピッタリのような気がします。
もちろん、願いを書いた短冊だけでなく笹竹にはいろんな飾りを飾って、神様を楽しませてあげる事もお忘れなく。

illust1997_thumb

昔ながらの風習を子供と楽しもう

日本には季節ごとに風習やイベントがあります。ちょっとした季節のイベントを楽しみながら、子供の成長を記録していくのも楽しいですよ。
子育ては本当に毎日「大変」の連続だけど、楽しみを忘れずに行きたいですね。

赤ちゃんが眠ってホッとした時間に、夏の夜空を眺めてみるのもオススメです。
その一瞬だけでも気が抜ければ大成功。
少しづつでも息抜きしながら、毎日四苦八苦の子育て頑張って行きましょうね!