笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

離乳食ベビーのママは今すぐやろう!食中毒予防にアレの掃除

calendar

babyfood_soft_s

ジメジメとした梅雨真っ最中。
湿気の多いこの季節は食べ物の傷みやカビの繁殖が気になる時期でもあります。

綺麗にしているつもりでもキッチンには食中毒の原因となる細菌は必ずあるもの。
食べ物に菌を付けないことはもちろん、菌を増やさない、菌を死滅させる調理工程を必ず行う事も大切。
けれど、実は食中毒対策で一番見落としがちな場所があるって知っていますか?

スポンサーリンク

冷蔵庫の掃除、最後にしたのはいつ?

冷蔵庫の掃除、どれくらいの頻度で行っていますか?
こまめにしているよ!という人は素敵ですが、中には冷蔵庫なんて掃除したこと無いよ!なんて人も中にはいるかもしれません。

冷蔵庫は食品を安全に保管するために大活躍するものですが、実は冷蔵庫に食べ物を入れたからと言って食中毒の菌の繁殖を抑える効果はあっても食中毒の菌を殺してくれる効果までは持っていません。
しかも低温状態でも菌は活動が抑制されるだけで死滅するわけでは無いので少しづつでも菌の増殖は起こっているのです。
冷蔵庫内の汚れやカビ、放置しておくとそれが食べ物に移ってしまい、食中毒の原因となる事もあるのだそう。

食中毒にならないために冷蔵庫に入れたつもりが、実は冷蔵庫内の菌のせいで食中毒になるなんてちょっとショックですよね。

ちょっと冷蔵庫内が汚れているかも、と気が付いたら冷蔵庫の大掃除、してみてくださいね。

冷蔵庫内は詰め込みすぎ厳禁!スカスカなくらいが健康的

小さな赤ちゃんの居る家庭では、週末に買いだめをするから冷蔵庫は割と満杯状態が多い、という家庭も多いようです。
けれど、冷蔵庫が常に満杯の状態だと、食品がきちんと冷えなかったり、物が多いせいで掃除もままならないという事に繋がります。

食品がきちんと冷やされない状態で保管されるのは菌の繁殖を許してしまうので、絶対にオススメできません。

けれど、頻繁にお買い物に出かけれななくて買いだめは必須という家庭もありますよね。
その場合は、まずは一度冷蔵庫内のチェックをしてみる事をお勧めします。
冷蔵庫に入れる必要のある物、ない物を見極めて常温で保管できるものは冷蔵庫から出して保管するだけでもスペースを確保する事に繋がります。
まずは冷蔵庫内を整理してみましょう。
意外と、使わなくて賞味期限の切れたものがそのまま奥に放置されていたなんてものが出てくるかもしれませんよ!

冷蔵庫は清潔に、そして詰め込みすぎない状態で利用するのが理想的だと言います。
中身が見通せる状態であれば、食品のロスも減るので食費の削減にもつながるそうですよ。

夏場に増える食中毒予防から食費軽減まで、すべては冷蔵庫がカギ。

ぜひこの夏は綺麗な冷蔵庫で健康な夏を過ごしてほしいなと思います。

PR:食中毒予防、ウィルスの除菌にプロが使う除菌消臭剤!