笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

春に赤ちゃんとお散歩をすると得られるメリット3つ

calendar

reload

春に赤ちゃんとお散歩をすると得られるメリット3つ

もうすぐGWですね、桜の季節も終わり日中の気温も初夏の陽気かと思う位上がっています。
良いお天気の日が続くこの時期は赤ちゃんとのお散歩にも絶好の季節。
室内にばかり引きこもっていないでお外に出てみませんか!?

スポンサーリンク

メリット1、真夏に比べて暑すぎないのでお散歩も安心

真夏のジリジリと照り付ける太陽の下に小さな赤ちゃんを連れてお散歩に出歩くのは控える人が多いかと思いますが、気温が20℃を少し超える位の今の季節は、日中でも赤ちゃんとのお散歩を楽しめる季節です。
明るい日差しの下に赤ちゃんを連れ出せば、明るい世界に赤ちゃんの脳もフル回転です。
お散歩は赤ちゃんの脳に沢山の刺激をくれるので積極的にお外を歩くようにしたいものですね。

メリット2、歩くことで産後ダイエット効果

赤ちゃんのお世話はママの一日のほとんどの時間を占領します。気が付けば一日が終わっていた、なんて生活になっていませんか?
家の中だけで行動をしていると、あまり体を動かさないので脂肪はあまり燃焼していません。フルマラソンを走り切ったかも!という疲労は毎日溜まるのにです。
そこで、お散歩に最適なこの季節、赤ちゃんと一緒に沢山歩いてみましょう。
歩くことで運動不足も解消されますし、なによりママの気分転換になるのでストレスも軽減され、ダイエットもスムーズに進むかもしれませんよ。
さらに、ストレスフルな気分が落ち着くことで「やる気」が増え、自然とアクティブになるので育児以外の生活の質の向上にもつながります。

メリット3、外の空気は赤ちゃんの気分も落ち着かせてくれる

毎日おうちの中だけで過ごしていてストレスを感じるのはママだけではありません。
まだ自分で歩くこともできない赤ちゃんでも同じ景色、同じ空気は新鮮味が無くて楽しくないはずです。
お外に出る事は赤ちゃんにとっても気分転換になる、とても良いことなのです。
外の世界で沢山の刺激を受けた赤ちゃんは、心地よい疲労感を感じて、きっといつもよりもぐっすりと眠ってくれるはずですよ。
特に昼と夜が逆転しがちな赤ちゃんほど、日中の太陽を沢山浴びさせることで昼夜逆転の矯正にもなるようです。

積極的に外へ出かけてみる事は赤ちゃんにもママにもメリット沢山です!

illust794_thumb

お散歩デビューで多いのは生後1か月頃

赤ちゃんのお散歩デビューはママの床上げが済む頃。生後一か月検診の頃が多いようです。
上に兄弟の居る赤ちゃんの場合はもっと早い傾向にあるようですが、第一子の時は、私も産後1か月は自宅で療養していました。

生後1か月だと赤ちゃんの予防接種も済んでいない時期なので、ショッピングセンター等いきなり人の多い場所は避けたいもの。
けれど家の近所を散歩する位なら、不特定多数の人に接触するわけでも無いので気軽に出かける事が出来るはずです。
出かける時は赤ちゃんのオムツと水分補給の「白湯」を持って出かけると安心です。
まだそこまで気温が高くない時期とは言え、春は空気も乾燥していて喉が渇きやすい時期です、水分補給はこまめにとる事をお勧めします。

それから、春は紫外線も多い時期です。
ママのUV対策、赤ちゃんのUV対策もしてからお散歩をするのがオススメ。
ママと赤ちゃんがいっしょに使える自然派の日焼け止めも沢山あるので、お気に入りを見つけてくださいね!

ちなみにママ達の支持率高い日焼け止めはエルバビーバ、お肌の敏感な赤ちゃんにも安心。

エルバビーバ / チルドレンサンスクリーン SPF30 75ml

オーガニックマドンナの日焼け止めは虫除け効果も嬉しい。一石二鳥。

【0歳児から大人まで使える!】≪外敵も紫外線もカット≫オーガニックマドンナピュアガードサンミルク 45g☆紫外線吸収剤不使用☆ディート不使用

本格的な夏を前に、今から日焼け対策も考えておくと安心です。

お出かけに関する関連記事☆
虫除けスプレーのディートって何?
お出かけの必需品、ベビーカーの選び方
帽子で紫外線対策、赤ちゃん防止の選び方