笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

いくら時間が無いからって・・・産後劣化を引き起こす悪習慣

calendar

普段赤ちゃんと一緒にお風呂に入る人は多いと思います。
小さな赤ちゃんを一人でお風呂に入れるのは本当に大仕事ですよね。
お風呂上りも、自分よりも赤ちゃん優先でお世話をして結局自分が湯冷めして風邪を引いてしまった~なんていうのも育児あるあるかもしれません。

毎日バタバタを入浴を済ませるおかげでスキンケアも手抜きになりがち。
でも、最近はオールインワンタイプ等、手軽に美容チャージできるコスメも増えていて時短で綺麗を保つママも沢山います。
お肌のケアは良いとして、皆さん髪の毛のケアはちゃんとしてますか?

実は髪の毛がぼさぼさだとそれだけでとっても老けて見られてしまうんですよね。
赤ちゃんのお世話に追われて、お風呂上りはドライヤーを使わずに自然乾燥、と言う人が増えるのも事実。
しかし、お風呂上りは多少面倒でもちゃんと髪を乾かした方が良いんです!

スポンサーリンク

自然乾燥は髪の毛を痛ませる

ドライヤーの熱が髪に良くないから自然乾燥が良い、と思っている人も居るようですが、実は自然乾燥の方が髪を痛ませるんです。
熱によるダメージよりも、髪の毛が濡れたままでいる方が「キューティクルがはがれる」「雑菌が繁殖する」「頭皮の冷え」といった悪影響を及ぼし髪には良くないと言います。

濡れた髪はとても弱い状態なので、乾燥した状態よりもキューティクルがはがれやすいと言います。キューティクルがはがれた髪はつやが無く広がりやすくなりますし、切れ毛や枝毛の原因になりますね。
湿った頭皮は雑菌が繁殖しやすい状態です、綺麗に洗髪したのに雑菌が繁殖してしまうと、頭皮の嫌なにおいの原因となります。
そして、頭皮が冷えると血行が悪くなり、抜け毛の原因となる事があるそうです。

ただでさえ産後は「抜け毛」で悩む人が増える時期。もしかしたら抜け毛の原因は髪をちゃんと乾燥させない事による頭皮の冷えが原因になるのかもしれませんよ!

このように、ドライヤーを使わない自然乾燥には髪の毛の老化を進めるマイナス要素が満載。
髪の毛はちゃんとドライヤーを使って乾燥させる、赤ちゃんのお世話で時間が無くてもその習慣を省かないで欲しいなと思います。

髪が綺麗な人は実年齢よりも若く見える

流行のオシャレをしていなくても、つややかな髪はそれだけで女性の武器になります。
痛みまくりでパサパサボサボサの髪はそれだけでだらしなく見えますよね。

子供を産んでこれからママ社会にデビューしなければならないのに、初対面のママ達に「だらしない人」のレッテルは張られたくないものです。
美容院とも疎遠になりがちで、お肌のケアよりも忘れられがちな髪の毛のケアですが、時々で良いので自分にご褒美のトリートメントケアをしてあげたらお疲れ髪に艶も戻るかもしれませんね。

illust3445thumb