笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

おしゃぶりは使う?おしゃぶりは歯並びを悪くするのか?

calendar

ヨチヨチ歩きの赤ちゃんがおしゃぶりを咥えている姿はどこか可愛い物がありますが、おしゃぶりを使う利点は何なのでしょうか。
おしゃぶりを使うと赤ちゃんの歯並びが悪くなると聞いた事がある人も居るかもしれませんね。
それは本当なのでしょうか。

スポンサーリンク

おしゃぶりの利用は歯並びに影響するか?

これはおしゃぶりの利用時期によるようです。
歯が生え始める0歳~1歳代におしゃぶりを利用したからと言ってそのせいで歯並びが悪くなるという事は無いと言います。
しかし、2歳、3歳となってもおしゃぶりを咥え続けると歯並びに影響してくることもあるのだとか。
なので歯が生えそろい始める2歳半頃までにはおしゃぶりを卒業させてあげるようにしたいですね。

おしゃぶり利用の利点

おしゃぶりを使うことで得られる利点で「鼻呼吸を促すことができる」という事があります。
実は日本の子供の8割が口呼吸をしていると言われています。
口呼吸をしていると「虫歯になりやすくなる」「風邪などを引きやすくなる」「集中できない」といったデメリットがあり、口呼吸がクセになってしまうとそれを直すのは根気と時間が必要になってしまいます。
口呼吸の原因は「鼻炎」などの鼻疾患が原因となる場合の他に乳児期の卒乳が早かった、と言うのも原因になる場合があるのだとか。
鼻で息をしながら哺乳する期間が短いと口呼吸になってしまう可能性が高いのですね。
その点、おしゃぶりを使うことで鼻で呼吸をする当たり前の動作が身につくので、口呼吸防止に役立つようです。

おしゃぶりを利用するなら安心なノンケミカルなものを

おしゃぶり、と言っても色々なメーカーから様々な商品が販売されています。
赤ちゃんの気に入るものが見つかるまで色々と買いなおすという人も居るほど、種類によって形や硬さも様々です。
でも、一番に気になるのは「赤ちゃんがくちにして安全な物かどうか」ですよね。
そこで、お勧めなのが100%オーガニックのおしゃぶり【EcoBaby(エコベビー)】です。

ラテックスアレルギーの原因となるたんぱく質を除去する製法で作られたエコベビーは100%ナチュラルなオーガニック商品なので安心してあかちゃんに与える事が出来ます。
つなぎ目の無い単一製法なのでつなぎ目に汚れが溜まったり、バクテリアが繁殖するなんで恐ろしい事も起こりません!
着色料はもちろん、防腐剤なども一切使っていないので沢山のママ達に選ばれているんです。

シリコンよりも柔らかく、弾力性のある素材だからきっと赤ちゃんのお気に入りになるはずです。

赤ちゃんは「吸う」という行為でリラックスを感じるのだそう。
ママの愛情のお供に、エコベビーのおしゃぶり、いかがでしょうか?

参考>>【宅配便発送対応】おしゃぶり【EcoBaby(エコベビー)】【100%オーガニック】

illust953_thumb