笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

いつまで取っておく?サイズアウトしたベビー服

calendar

illust2543_thumb

最近は不用品を捨てて物を減らす断捨離や必要最低限の物しか持たずに生活するミニマリストが注目を集めています。しかし赤ちゃんがいる生活においては、災害時等のリスクを考えてミルクやオムツなどの消耗品はある程度の「買い置き」が必要不可欠とも言えますよね。

消耗品の買い置きは仕方ないとしても、子育てをしているうちに使わなくなったものや使えなくなったものが溜まっていっていませんか?部屋に物が溢れた生活は次第にストレスになっていくので、赤ちゃんがいてもすっきりとした生活がしたいですよね。

スポンサーリンク

どんどんサイズアウトするベビー服は保存せずに処分しよう

赤ちゃんはたった一年の間に体重も身長も驚くほど成長します。
奮発して素敵な服を買ったのに1シーズンでサイズアウトなんていうことは当たり前です。
高かったから捨てるのが勿体無い、もしかしたら次の子ができるかもしれないから取ってこう、と特に使う予定の決まってないベビー服をクローゼットに保管している人は沢山いるようです。
けれど、そうして使わないのに保管しておくのはとても無駄で逆に勿体無いことだと知っていますか?

サイズアウトの子供服は溜め込めば溜め込むだけクローゼットを占領していきます。
何年かして、やっと手放そうと思ったときにはカビが生えてしまって処分するしかない状態になってしまっていることも。
そうなる前に、サイズアウトした服は綺麗なうちに古着として売ってしまう、身内や友人へお下がりとして譲るなどの活用方法を考えたほうが断然お得なのです。

お下がりはお下がりで帰ってくる

着ることができなくなってしまった服でも、後から生まれた赤ちゃんにとってはジャストサイズ。仲の良いママ友や身内の赤ちゃんにお下がりとして譲れば、また着てもらうことができます。
その後自分に二人目ができた時、お下がりをあげたママからお下がりが回ってくるかも知れませんね。
ベビー服はとにかく汚れやすく、数年後に使うかもしれないからと綺麗に洗って保管していても、時間とともに隠れた汚れが浮かび上がってきて染みになっていることが多いものです。それよりもお下がりローテーションで常に使っている状態のほうが綺麗な状態を保てるものだったりします。

シンプルな生活は心に余裕も生む

物が沢山あるとそれだけ部屋が散らかります。散らかった部屋を見るのはそれだけでストレスを感じる上、一人で動き回り始めた赤ちゃんの格好の標的にもなりやすく、それが思わぬ事故や怪我につながることもあります。

すっきりとしたシンプルな生活というのは小さな赤ちゃんを抱えていると無理なことのように思いますが。
実は逆で、不要なものを持たない生活は日々の家事の時短につながったり、赤ちゃんの不慮の事故を防止する利点を生みます。

部屋を見渡してみましょう。
育児に疲れて掃除もままならない状態になっていたら、少し片づけをしてみてはいかがでしょう。
部屋が片付けば気持ちもすっきりし、それだけ気持ちに余裕が生まれるかもしれませんよ!

ベビー服やベビー用品は意外と息の短いもので、使える期間は僅かだったりします。
子供のためにと沢山の商品の中から厳選して購入し、思いれの強いものだからこそ大切に使ってくれる人に譲るという選択をすることも必要なのかもしれませんね。

illust3690thumb