笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

この子が大きくなるまで健康でいたい。それは切実な願い。

calendar

今年度の健康診断の申込書が届きました。今年もまたこの季節が来たんですね。
妊娠中は色々検査もするので健康診断はスルーでしたが、産後はちゃんと健康診断を受ける必要がありますよ。

スポンサーリンク

主婦だからこそ健康診断を受けよう

主婦でも暮らしている地域の集団健診だったり、個別で予約して健診を受ける事が出来るのでちゃんと受けるようにしましょう。
病院によっては子連れでもOkな所が多いので、そういう病院を探せば「赤ちゃんがいるから」と健診を諦める必要は無し!
むしろ体調が変化しやすい産後こそ積極的に健康診断、受けた方が絶対に良いです。

これから子供が大人になるまで、私達には「健康でいる」という大切な責任がある事を忘れてはいけません。
いつも生き生きとして元気なママの姿は、何よりも子供の笑顔につながります。

illust798_thumb

育児に追われてついつい食事も偏りがちになる産後、血液検査をしたら「何この数値!」なんて驚く人もいるようです。
可愛い子供に出会えてこれからという時です。些細な変化でも早めの発見は何よりも重要な事。
健康診断を受けて結果に問題が無ければ安心して今の生活を続ければヨシ!
でも、ちょっと気になる結果が出たら・・・?

30代を過ぎると気になってくるのが、コレステロールや血圧の数値。中には血糖値も気になるという人も。
そのまま頬っておくと生活習慣病まっしぐら。
直ちに食生活の改善や運動不足の改善を指導されるかもしれませんね。

ご主人の健康管理にDHA,EPAを摂らせよう

自分は問題なしだけど旦那の数値がヤバイ!という話もよく聞きます。
特にお付き合いが多くて外食続きの旦那様は要注意ですよ。いくら私たちが家庭で気を遣っていても外で食べてくるものにまで指示はできません。
それなのに数値異常は「嫁の食事が原因」と言われるのですからたまったもんじゃないですよね!

魚嫌い、魚不足の人が多くなっている現代で、健康成分として注目さえているDHA,DPAをご存知でしょうか。
青魚に含まれるサラサラ成分で、血液をサラサラにしてくれるとして注目されメディアでも大きく取り出された成分です。
でも、そもそも魚が嫌いと言う人には毎日魚を食べるのって苦行ですよね。
と、言うか魚嫌いでも毎日青魚ばかり食べろと言われたらキツイものです。

そこで、健康志向の人達が利用しているのがサプリメント。
DHAサプリメントは色んなメーカーから販売されていますが、その中でも効果ナンバーワンと言われているのがDHAサプリメント「きなり」です。

厚生労働省が推奨する一日のDHA/EPAの摂取量は一日1000mg
「きなり」4粒でその摂取量の半分がまかなえます。
ちなみにきなりで摂取できる500mgはマグロの赤身5人前分のDHA/EPAだそう。
毎日そんなにマグロ食べれないですよね、、、

さらに「きなり」はDHA/EPAを酸化させないで体内に取り込めるように「クリルオイル」というものが配合されています。
この「クリルオイル」も実はスーパーオイルとして注目を浴びている物なんですよ。

きなりは血液をサラサラにしてくれる健康効果だけでなく、ダイエット効果も報告されていて、お腹周りが気になる産後ダイエットのお供にも嬉しいかもしれません。

私が実際に「きなり」を試した時は「朝の目覚めの良さ」を実感しました。
朝が苦手で子供の幼稚園にもギリギリ、な生活だったのにある日突然「パッ」と目が覚めるようになったんです。
血の巡りが良くなって脳も元気に働くようになったからでしょうか、体の調子が整うと本当に気持ちが良いんですよね!

もちろん、健康の基本は日々の食生活と適度な運動が前提です。
でも、それでも足りない栄養を感じる場合はサプリメントを併用するとさらに活き活き生活ができますよ。

参考:最新!!効果NO,1のDHA&EPAサプリメント