笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

内祝い、それは赤ちゃんへの愛情のシルシ

calendar

reload

内祝い、それは赤ちゃんへの愛情のシルシ

赤ちゃんが生まれて、親しい人たちから頂いたお祝いにお返しをするため「内祝い」を準備すると思いますが、そもそも内祝いって何のためにあるかご存知でしょうか。

illust1916_thumb

「内祝い」とは内輪の祝い事の喜びのおすそ分けの意味でお祝いの品を贈る物だそうです。「出産内祝い」には新しく誕生した赤ちゃんのお披露目の意味を込めていたので、昔はお祝いを頂く頂かない関係なしに配っていたと言います。
しかし今では一般的に「内祝い=お祝いのお返し」という認識が大きいので、お祝いを頂かない人に内祝いを出すと逆に気をつかわせてしまう恐れがあるので注意した方が良いそうです。

スポンサーリンク

内祝いを贈る時期や贈り方

内祝いを贈る時期は一般的に産後1か月頃から2か月頃と言われます。
贈り方は、宅急便を使って贈るのが手軽で便利です。
その際に赤ちゃんの写真付きのメッセージカードを同封すると相手方にも喜ばれますよ。

近隣の方へ内祝いを直接持っていく時、相手が身内や本当に親しい方でない場合、赤ちゃんの同伴は避けた方が無難です。
まだ生まれて間もない赤ちゃんを連れまわすのはあまり褒められる光景では無いですし、訪問する相手方に気をつかわせてしまう原因になります。

お返しとして内祝いを準備する際、品物の金額はお祝いの額の3割~半額が目安にすると選びやすいです。
相手はどんなものを贈れば喜んでくれるか、色々悩んでしまいますが、あまり深く考えず楽しんで内祝いを選んで欲しいなと思います。

人気の出産内祝い

最近、内祝いでよく贈られているのはお菓子や食品が人気です。普段食べないような高級な焼き菓子や食品を友人や親戚にと贈る人が多く、高額なお祝いを貰った相手には食品とタオルや食器などの品物をセットで贈るというのも人気です。
また、好みがわからない相手にはカタログギフトも選ばれています。
贈られた相手が自分の好きな品物を選べるというのが良いですよね。

昔の内祝いの意味合いとは少し変わっている現代の出産内祝いですが、お祝い返しとしての内祝いであっても「赤ちゃんをよろしくお願いします」というお披露目の意味はちゃんと残っている習慣だと思います。
お祝いの気持ちのお返しに贈り物をするのは、親の赤ちゃんへの愛情の形の一つで、赤ちゃん誕生の喜びを皆に伝えるものです。
内祝いを準備する時期というのは、ママが赤ちゃんのお世話に追われて一秒でも長く寝ていたい時期なのですが、少しだけ頑張って内祝いの手配してみて欲しいなと思います。

参考:こんなお店が人気です。