笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

吐き戻しされた!衣類に付いたミルク臭さを取る方法

calendar

reload

吐き戻しされた!衣類に付いたミルク臭さを取る方法

沢山の母乳やミルクを飲んで満足げな赤ちゃん。初めは上手くげっぷが出来なくて皆苦労するものです。
げっぷが出ないからと諦めて、寝かせたら吐き戻し!なんて経験、一度はあるかもしれませんね。

赤ちゃんが戻したミルクや母乳がしみ込んだ衣類やタオル、洗濯したのに匂いが残ってる~なんて気になってませんか?
私は割と無頓着で多少の匂いは無視してましたが(笑)
時間が経つにつれて落ちにくく、そして嫌な臭いになりがちなミルク系の匂いを落とすにはこんな方法がオススメです。

スポンサーリンク

牛乳こぼしてクッサーな時にも!落ちにくい蛋白汚れを落とす方法

ミルクや母乳の浸みこんだ衣類は放置すると微生物や雑菌が繁殖し、臭いにおいを発します。
これはタンパク質の多い牛乳も同じで、牛乳をこぼして放置すると雑巾みたいな匂いになりますよね。しかも落ちにくい。
まず、臭いを残さないために大切なのは、衣類にミルクなどをこぼした時にはすぐにサッと水洗いをするという事。

雑菌を繁殖させる前に、綺麗にするのが一番です。

しかし、あれやこれやと忙しい毎日、ついつい放置してしまう事も。
時間を置いてしまって「クッサー」な状態になってしまった時は、そのまま洗濯機で洗っても匂いが残ってしまう可能性があるので、洗濯機に放り込む前にひと手間しましょう。

まずは、ぬるめ(30度程度)のお湯につけて、石鹸でもみ洗い。
少し暖かいお湯(50度程度)に酸素系漂白剤を溶かして、もみ洗いした物を1~2時間つけ置きます。色落ちしやすい物は漂白剤は使用しない方が良いです
この後、普通に洗濯すればOK。

ちょっと面倒に思いますが、付け置き洗いは効果大
ほとんどの場合、この方法で牛乳臭やミルク臭さは抜けると言います。

また、布類の匂い消しの方法として「煮沸消毒」も効果的だそう。
けどやっぱりちょっと面倒かな・・・?

逆に、良くないのがファブリーズなどの消臭スプレーで匂いをごまかそうとする事。
蛋白系の匂いはファブリーズじゃ消せませんし、臭い上に香りを付けてしまうと余計気持ち悪匂いになりますよ!(実践済み、汗)

衣類の匂い取りには、臭いの原因となるものを綺麗にすることが大切なんですね。

赤ちゃんの衣類にも安心のシャボン玉酵素系漂白剤


酸素系漂白剤 750g《シャボン玉石けん》(過炭酸ナトリウム)

過炭酸ナトリウム100%の酵素系漂白剤で添加物を含まない洗剤です。毛や絹以外の水洗いできる繊維ならなんにでも使えるのが嬉しい。
除菌・徐臭効果がある石鹸なので、臭い消しをしたい場合に最適です。

衣類はもちろん、食器などの普段口にするものの除菌・漂白もできます。
赤ちゃんの身の回りの物を綺麗にしたい場合に最適な洗剤なので、一度使ってみては。

お肌の敏感な赤ちゃんに、優しいしゃぼん玉石けんは沢山のママ達のマストアイテムです!

残したくない匂いや汚れは、すぐに洗うが鉄則

お気に入りのベビー服に染みが残るのはがっかりしてしまいますよね。
ミルクに限らず、赤ちゃんの頃はオムツモレで汚れてしまう事も多いものです。
それに、離乳食が始まったり、普通にご飯を食べるようになれば、子供はどうしても洋服を汚してしまいます。

お気に入りの衣類にシミや臭いを残さないためには、せめて汚れたらすぐにぬるま湯につける等、シミ対策の処置をする事。

どうしても時間が経って落ちにくくなってしまった汚れでも、今は優秀な洗剤も多くあるので、そういう洗剤などを上手く利用してお洗濯してみると良いですね。
ベビー服は着る期間は短いのに、一番汚れやすい衣類です。
汚れても仕方ない!というおおらかな気持ちを持つのはもちろん、その陰で、大切な思い出のベビー服を綺麗に保つ工夫もして欲しいなと思います。

illust1411_thumb