笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

赤ちゃん家庭こそ対策を!インフルエンザだけじゃない、冬の感染症

calendar

kusuri_soft_s

何気なくお昼の情報番組を見ていたら、あの人気女子アナさんがインフルエンザの予防接種で腕を腫らしてイヂられていました。
我が家でもパパがインフルエンザの予防接種受けて体調不良を起こしましたよ。
インフルエンザの予防接種は結構副作用も多いですよね。

赤ちゃんのいる家庭では大人がインフルの予防対策をしっかりして、外から菌を持ち込まないことが大切です。
マスクの着用や帰宅時の手洗いうがいをすることを、パパとママが徹底しましょうね。

スポンサーリンク

今年は新型ノロに注意!大流行の恐れあり

ノロウィルスは感染すると、激しい下痢や嘔吐、発熱などの症状に見舞われる感染症です。
このノロウィルスに新型ウイルスが出現したことをご存知でしょうか?
新型インフルエンザの時もそうでしたが、新型ウィルスが発生すると大流行をすることが多いため、今年はこれまで以上に徹底した予防対策が必要だと言います。

特に小さい子供は免疫力が低いため、重症化する恐れも。
ノロウイルスのピークは11月から1月頃、すでに流行する時期に入っているため今すぐ対策を始めましょう!

ノロ対策の基本

ノロウイルスの主な感染経路は、人と飲食物。
しっかりと対策をすれば万が一菌に触ったとしても感染を防ぐことができます。

付着したウイルスを体の中に入れないように、食事の前やトイレの後には石鹸で30秒以上しっかり洗いましょう。
食べ物で特に気を付けたいのは二枚貝、これから旬のカキなどを調理する時はもちろん、食材は85~95℃で90秒以上加熱しましょう。

また、おう吐物で汚れた物は熱湯やアイロンなどで熱消毒をしましょう。

こんな除菌剤もノロ対策に人気です、


スプレータイプで手軽に身の回りの物を除菌消臭できます。
このチャーミストは病院や福祉施設、保育園やカフェなどでも人気。もちろん家庭用としても口コミで広がっています。

体の中からの対策として注目のラクトフェリン

感染症対策の一つで、体内でのウイルス付着の予防として効果が期待されているのが「ラクトフェリン」です。
ラクトフェリンは、母乳や唾液に含まれるタンパク質の一つで、免疫調整機能や、抗菌作用があります。
ラクトフェリンが細胞の表面に付着する事で、ウイルスの侵入をブロックする効果が期待されています。

このラクトフェリンを摂取する事で風邪や胃腸炎の発症率の低下にも効果が認められれています。この事からラクトフェリンは、夏の食中毒対策としても大きな注目を浴びました。

赤ちゃんがいる家庭こそ、毎日の食習慣にラクトフェリンを含む食品を取り入れてみてはいかがでしょうか。

参考:ノロウイルス対策アマゾンNo1除菌消臭剤チャーミスト