笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

ママになっても学びを諦めない!自分磨きを続けるメリット

calendar

出産を経て、母となっても輝く女性は素敵ですよね。
そんな女性に共通するのは「常に学ぶことに貧欲」という事。

新しい情報を求め、スキルを身に着けるために勉強をする。
そんな姿を見て育った子供達もまた、色んなチャレンジに前向きな大人になるように思います。

妊娠出産を理由に仕事を辞めた女性の殆どが「いずれは社会に復帰したい」と考えているそうです。
しかし、あまりにもブランクが空きすぎると自分の望む仕事に就くのは難しいのが現実です。
ではどうすれば良いのか。

ブランクをブランクにしなければ良いのです。

illust2018_thumb

スポンサーリンク

自宅で学び、未来の自分に繋げるということ

面接の時、家庭の事、子供の事しか語らない女性は採用され難いと言います。
家庭を大切にする自分をアピールするのは悪い事ではありませんが、会社が欲しがっているのは「母親」ではなく「仕事のできる人」なので育児中の「ブランク期間」をどう過ごしていたかをアピールする方が社会人として正解のようです。

例えば「育児をしながらでも習い事をして勉強をしていた」と聞いたら「この人は子供がいてもしっかり仕事をしてくれそうだ!」と良い印象を持ってもらえます。
もちろん、嘘で語ってはダメですよ!実際に勉強をして一つくらい資格を取っておくとさらに有効です。

育児しながらそんな時間無い!と思いますか?
でもそれが大切なんです。

だって、実際に育児をしながら「オンライン学習」や「通信教育」等を利用してスキルアップに励む人は沢山いるんですから。

忙しい中でも隙間時間を利用して自分のために「学ぶ」という事は、確実に自分磨きにつながり、いざ再び社会へ出ようという時の大きなアピールポイントになってくれます。

また、たとえ仕事に繋がる勉強でなくても、趣味を極めたり、知らなかったことを知るというのは確実に貴女を「輝く女性」に近づけてくれるでしょう。主婦をしながら自分の趣味を極めて、子育てがひと段落したころに「自宅サロン」等を経営するのも楽しそうですね。

今の時間を無駄にしない、という事は「未来の自分への投資」です。

いきなり本格的な勉強は無理という人でも、本を一冊手に取って読んでみる事から始めてはいかがでしょうか。

何を学べばいいかわからない人はどんな自分になりたいかを考えてみる

とはいっても、どんな勉強をすればよいのか。そこからつまづく人も多いはず。
特に趣味も無い、やりたい事も無いという人は意外と多いんですよね。

そんな人は「子供のためになる学び」に目を向けてみてはいかがでしょうか。
「ベビーマッサージ」の教室に子供と一緒に参加してみるのも楽しいですし、「食育」の勉強するのも子供のために有効です。
自宅に居ながら通信教育で学べる講座も沢山あるので、どんなものがあるのか実際に探してみてください。

ケイコとマナブ.netではママ向けの講座や教室もありますよ!
学びを探そう!気になるおケイコを手軽に検索「ケイコとマナブ.net」

このサイトによると人気の資格は「調理師」「保育士」「栄養士」、職種では「整体師」や「トリマー」「医療事務」が人気だそうです。

再就職に有利で子育てしながらでも働きやすそうな資格が多いですね。

また、習い事では「英会話」が人気ナンバーワンとなっています。
グローバル社会において「英会話」ができる事は大きな魅力です。
自分のスキルアップのための勉強として最適な講座では無いでしょうか。

自分が知らなかったことを知るという事、できなかったことができるようになるという事がとても気持ちの良い事だと知っていますか?
子供に時間を奪われるからと自分の事を「諦め」ないで欲しい。

「学びは一生」と言う言葉を聞いたことがあります。

生きている限り、学べるのです。
少しづつでも何かを継続する事、それは必ず未来の自分を輝かせてくれるものになります。

育児との両立は確かに大変ですが、まずは一歩、踏み出してみて欲しいです。

参考:ケイコとマナブ.net

この記事をシェアする