笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

産後ダイエット、これだけ気を付ければ自然と痩せる

calendar

産後と言えば「ダイエット」、やっぱり皆気になりますよね。
特に最近は子供を産んだとは思えないような綺麗なママが多くて、太ったままでは恥ずかしい気がするほどです。
だからと言って「出産したからもうご飯は食べない!」なんて急激なダイエットは絶対にNG。
産後の食事の基本は栄養バランスの取れた食事を3食食べる事、だって赤ちゃんに母乳を与えるのはとてもエネルギーがいる事ですから、赤ちゃんの事を考えても食事は3食キッチリとが必要なんです。

asagohan_soft_s

では3食食べながら体重を落とすにはどうしたらよいのでしょうか。

スポンサーリンク

母乳育児は体重が落ちる

授乳ダイエット、という言葉があるほど授乳するだけでスルスルと体重が落ちるというのは嘘ではありません。
中にはバストの形が崩れるからと母乳を拒否するママがいるようですが、それって本当に勿体ない!
授乳をする事で自然とエネルギー消費が多くなり、何もしなくても自然とダイエットしていることになるのです。
それに授乳をするという行為はママと赤ちゃんの絆や信頼関係も深めてくれるので、精神面でもとても大切なこと。
こんなにもいいことづくめの母乳育児、ぜひやって欲しいです。

だけど、一つ。注意する事が。
それは授乳はエネルギーを消費するのでママもお腹が空きやすくなります。
その時にカロリーの高いパンや甘いお菓子などを食べていては逆にカロリーオーバー!
体が逆に脂肪を蓄えてしまいます。
なのでお腹が空いた時は、小さ目のおにぎりやサラダを食べるなどしてしのぎましょう。
そして、普段の食事もなるべく「和食」を心がけると体重が落ちやすいです。
さらに和食の食事は母乳の質も良くしてくれるので赤ちゃんにも嬉しい、一石二鳥ですね。

過激な運動は必要無し!体を動かすなら緩く続けられるものを

妊娠中は動作もゆっくりとなり、どうしても筋肉が落ちてしまいます。
脂肪を燃やすためには筋肉は必要な物ですから、緩んだ体を引き締めるためも体は動かしたいですよね。
でも、産後にいきなり筋トレします!なんてちょっと張り切りすぎ。
まずは産後すぐからできる「産褥体操」から始めるなどして、ゆっくりと体を鍛えていきましょう。
入院中に産褥体操で骨盤を締めておけばその後のダイエットも成果が出やすいのだとか、なので横になったままできる産褥体操はぜひ取り入れたいですね。

stretching3_soft_s

体調が戻ってきたら家事を再開させますよね、その家事の合間に骨盤周りを整える「骨盤回し」や肩甲骨を回す「肩回し」を取り入れてみましょう。
掃除をしながら動作を大きくしてみるのも何気に効果的。
日々の生活の合間にちょこちょことダイエットにつながる動作を入れると、自然と体形維持につながります。

綺麗なママの秘訣はズバリ「継続」。
だからこそ、産後の疲れのたまった体でも無理なく続けられる簡単な体操やストレッチが効果的なんです。

産後ダイエットの秘訣。

1、3食バランスの良い食事を食べて、たっぷりの母乳を赤ちゃんに与える。
2、毎日少しづつ続けられる体操を取り入れる。

この二つを実践してみると、いつの間にか理想の体重に戻れるはずです。