笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

赤ちゃんの鼻水に、オススメ鼻水吸引器

calendar

9月に入り、朝晩が涼しくなってきました。
気温の変化で赤ちゃんが体調を崩さないように気を付けたい季節ですね。

illust778_thumb

さて、赤ちゃんの病気で結構ママ達を悩ませるのが「鼻水」です。
風邪をひいて鼻水が止まらない~なんて状況になると、赤ちゃんもなんとなく機嫌が悪くグズグズ。
夜は苦しくて眠れない、おっぱいも上手に吸えない!なんて事につながります。

しかも、小さな赤ちゃんは鼻を「チーン」できません。
そんな赤ちゃんの鼻水を吸い出してくれる「鼻水吸引器」はあると便利な道具なんですよ!

スポンサーリンク

鼻水が起こす悪影響

赤ちゃんが鼻風邪をひいてしまうと、具体的にはこんな悪影響が考えられます。

・上手におっぱいが飲めない
・鼻づまりでよく眠れない
・喉に鼻水が落ちてきて苦しい、咳き込む
・元気がなく、機嫌が悪い
・悪化すると中耳炎の原因にも!

鼻水くらいで病院には、と考える人もいるかもしれませんが、おっぱいやミルクが飲めなかったり夜泣きが多いなと言う場合は小児科を受診してお薬を貰った方が症状が早く良くなります。
特に3か月未満のちいさな赤ちゃんは、鼻風邪程度の軽い病気でも一度はお医者さんで診てもらった方が色々と安心です。

ダラダラととめどなく流れる鼻水、ティッシュでふいてばかりいて鼻の下が赤くなってしまった。という話も聞きます。
意外と厄介なこの鼻水対策に「鼻水吸引器」があるととても便利です。

オススメの鼻水吸引器はコレ!

鼻水吸引器はその名前の通り、鼻水を吸い取ってくれるもので。
電動の物から、ママが吸い出してあげるタイプの物、家庭の掃除機にセットして使うタイプのものまで様々。

私はママが吸い出してあげるタイプの物を使っていましたが、たまに赤ちゃんの鼻水が私の口まで逆流してきて「ゲッ」となった経験もあります。
吸い出しタイプは電動タイプ等と比べても安くて良いのですけどね、我が子の鼻水とはいえ不意打ちで来るとちょっと辛い(苦笑い)

そんな経験もあり、私はこれをお勧めします。

厚生労働省による認証を受けた医療機器だそう。
雑誌にも掲載されていたりしてとても人気の鼻水吸引器です。

鼻水を吸うのに適したタイミングっていうのがある

鼻水は治りかけてくると固まってきます。ドロっとしたタイプの鼻水はちょっと吸引しにくい場合も。
そんな時はお風呂上りに鼻水吸引をしてみましょう。

お風呂の蒸気で鼻水が緩くなって吸出しやすくなりますよ。
お風呂以外でも蒸しタオルなどで蒸気を当てたり、うどんなどの暖かい物を食べた後でもOK

大人でもラーメン食べると鼻水出ますよね。

鼻づまり気味の場合は、そんな感じで鼻水を出やすくしてあげてから吸引してあげると鼻スッキリになりますよ。
お試しあれ!