笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

多くを望みすぎちゃダメ!イクメンと高収入は両立しない

calendar

子供が生まれて、生活もだいぶ変わったかと思います。
夫婦の中で家事の分担はしている家庭も多いかと思いますが、同時に「パパの家事参加、育児参加が足りない!」とぼやくママも多くなるのが産後です。

二人の子供なのに、ママ一人で育児に追われているなんてなんだか不平等に感じます。
やっぱり、家事や育児に積極的なイクメンって、素敵なパパに見えますよね!

illust951_thumb

少し前の話になりますが、とある漫画家さんが「イクメンは出世しない!」と発言して話題になりました。
実はこのイクメンは出世しないというのはありがち間違いでもないようで……

本当にイクメンが出世しないとしたら、貴女は旦那をイクメンにしたいと思いますか?

スポンサーリンク

高収入の男性ほど、家事を手伝わない!?

イギリス・ウォーリック大学でこんな研究結果を発表した人がいるそうです。

《高収入の男性ほど家事を手伝わない》

研究を発表したClare Lyonette氏が面接によって家庭の経済状況や家事分担について調査した結果、収入が低い男性は、掃除や皿洗いなどの家事を積極的に協力しているのに対して、収入が高い男性は家事を分担する事の大切さは理解しているものの、実際には家事への協力は消極的だという事がわかったのだそうです。

高収入の男性は家事や育児よりも仕事を優先しているおかげで、仕事に集中でき沢山の収入を得る事が出来ているのかもしれません。

もちろん、高収入でも家事に積極的な男性は居るかもしれませんが。やはりそんな男性はごく少数かと思います。
実際私はお目にかかったことはありません。

イクメンパパが当たり前のような現代ですが、実はそんな「イクメン」達に不満を持つママも多いのが事実のようです。

もしも貴女が旦那様に対して「もう少し仕事を頑張ってきて!」と内心で少しでも思っているようなところがあるならば、家事の分担を減らして仕事に集中できる環境を作ってあげる必要があるかもしれません。

そして共働き家庭が多く、家事の分担は当たり前の時代ですが、もしも旦那様が「キャリアアップ」のために頑張っている様なら、家事や育児参加を強要せずに仕事を応援してあげる姿勢も大切ではないでしょうか。

ちなみに、女性は男性とは違って、家事の量と収入は関係ないのだそう。
女性は男性と違って器用なんですね。

もし本当に、男性の出世と家事育児参加が両立ならない物であるなら、貴女はどちらを選ぶと思いますか?

家事や育児参加を積極的にしたいと考える男性が増えている中、家族を支えるために仕事に集中したいと考える男性もいます。

夫婦仲を円満にしていくことは、この先成長していく子供の心の安定にもとても重要なこと。
だからこそ、お互いにストレスを感じない「生活の役割分担」をしっかり話し合う事も大切です。

うちは共働きでパパは家事ばっちりのイクメン!
うちはパパがバリバリ働いて家事育児は私が頑張る!

どちらの形も素敵な家庭の形です。

それぞれの家庭にあった役割のバランスを見つけてくださいね。

illust949_thumb