笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

トラブルの原因にも!産後ブラジャーの選び方

calendar

reload

トラブルの原因にも!産後ブラジャーの選び方

妊娠中から大きくなるおっぱいですが、実はとてもデリケート。
妊娠前と同じサイズのブラジャーで締め付けたり、サイズの合わない物を使っていると、授乳期のおっぱいトラブルにもつながります。
体がデリケートになっているこの時期は、体に合ったインナーを選んで欲しいと思います。

スポンサーリンク

妊娠中から始まるおっぱいの変化

妊娠すると女性ホルモンの影響により、おっぱいの状態が変化をしていきます。

<<妊娠中に多くの人が感じる変化>>
・乳首が敏感になって痛みを感じる事がある
・乳腺の発達で張る感じがある
・汗をかきやすくブラジャーをしていると蒸れる

おっぱいの大きさも急激に変わることもあり、おっぱいに肉割れが出てしまう人もいます。
お腹の肉割れ対策はバッチリだけど、おっぱいの肉割れ対策は忘れている人がほとんど。
気が付いたら線が…なんて悲しい事態にならないようにおっぱいもクリームで保湿してあげてくださいね!

>>できてしまった肉割れ用クリーム

また、この時期からブラジャーも最適な物を選びましょう。

・締め付けず、アンダーバストが楽なもの
・おっぱいが大きくなっているのを妨げない物

が最適です。

産後のおっぱいの変化

出産すると母乳が出始めるのですが、初めから沢山母乳は出ません。
母乳は赤ちゃんが吸う事で出るようになるので、母乳が沢山出るようになるためにも赤ちゃんに何回も吸わせてママの脳と体に刺激を貰いましょう。
赤ちゃんが乳首を吸う刺激によって、母乳を作るホルモンが分泌され母乳が出るようになっていくと言います。

しかし、母乳をあげているとトラブルはつきもの。
強く吸われすぎて乳頭が傷ついたり、乳腺が詰まっておっぱいが腫れてしまったりすることがあります。
乳腺の詰りは、締め付けの強いブラジャーの使用によっても起こるので、授乳期はおっぱいを締め付けないブラジャーを選ぶことが大切になります。

こんなブラジャーはおっぱいに良くない

授乳期のトラブルを招くブラジャーは、おっぱい周りの血行を妨げるものです。
ワイヤーの圧迫、ホックやストラップ金具の圧迫、アンダーの締め付けのあるものは乳腺を圧迫して詰りの原因になる事があります。
また、肩紐が細い物は大きくなったバストを支えきれず肩への負担を増やすので避けた方が無難です。

産後に選びたいブラジャーはコレ

産後に最適なブラジャーのポイントは次のようなものになります。

・おっぱい周りの血行を妨げない物。
・敏感な乳首を刺激しないような柔らかい素材。
・清潔な状態を保てるように、洗濯が容易なもの。
・授乳の時に簡単におっぱいが取り出せる形の物。

また、妊娠中から授乳期まで使えるものを選べばわざわざ買い替える必要も無いので、特におすすめです。
「産前産後用」「授乳用」といった表記のブラジャーを選ぶと良いと思います。

日本助産師会推奨のモーハウスブラはおっぱいに負担をかけない構造で、おっぱいの変化の大きい産前産後に最適です。

参考>>【日本助産師会推奨商品】授乳用ブラジャーモーハウスブラ

ノンホク・ノンボタンの設計だから赤ちゃんにも安全。
やさしさ満点のブラジャーです。

おまけ。

illust2054_thumb

コーヒーが飲みたいけどカフェインが気になる貴女へ。
ママと赤ちゃんに優しいコーヒーがあります。
カフェインレスコーヒーとオーガニックコーヒーの専門店「cotoha」
カフェインレスコーヒーとオーガニックコーヒー専門店です。
妊娠中の方や授乳中の方などに「美味しいコーヒーを安心して飲んで欲しい」 そんな想いからコトハのコーヒーは生まれました。
ノンカフェインでも美味しいから満足できますよ♪