笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

あげる側には迷惑だけど・・・定着する?お盆玉

calendar

郵便局の窓口で「お盆玉」なる名称のポチ袋が販売されています。

お盆玉ってなによ!?

お盆玉とはお年玉のお盆バージョン!
お盆にまでお小遣いを配らないとダメなんて、出費必須な大人にとっては是非ともスルーしたい現実ですね。

illust2016_thumb

スポンサーリンク

お盆玉の発祥はなんと江戸時代!?

お盆玉の発祥は江戸時代の山形県の一部地域だと言われているそうです、今まで聞いたことも無かった「お盆玉」実は昔からの風習だったのですね。
当初は夏に奉公人に衣類や下駄などを渡す習慣だったのが、昭和初期にお小遣いに変わったようです。

それが今の時代、帰省してきた孫や親戚の子供にお年玉同様にお小遣いをあげるという事が広がっている様。
その時に使うポチ袋を「お盆玉袋」として売り出しているようですね。
お盆玉の袋は夏らしいデザインの物が多くみられました。

郵便局だけでなく、スーパーなどでもちゃっかり売られていましたよ。
確かに、子供にお小遣いを渡せばあっという間に消費されますからね、お盆玉ブームで消費拡大を狙っているのでしょうか(笑)

とはいえ、小さな赤ちゃんはまだ自分でお金を使う事はできませんから、もしも帰省先などでお盆玉を頂けるようなことがあればしっかり子供のために貯金してあげてくださいね!

お盆玉をあげる時の相場は?

お盆玉はお年玉と同額程度かやや少なめで渡すのが一般的のようです。

:お盆玉の相場:
小学生以下:500~1000円
小学生:1000~3000円
中学生:3000~5000円
高校生:5000~10000円

お互いに子供を持つ親族が集まる場合は「お盆玉」をどうするか事前に話し合っておくと良いかもしれませんね。
事前に話し合えないような場合は「お盆玉袋」と千円札を準備しておくと、相手方にお盆玉を渡された時に対応できます。

お正月だけでなくお盆にまでお小遣いを配らないといけないなんて、子供にとっては嬉しい限りですが。
正直、親戚内で流行って欲しくない習慣ですね!笑

とはいえ、せっかく親戚が集まってワイワイできる夏休みです。
少しくらい財布の紐を緩めて楽しんでみれば良いのではないでしょうか。

義理の家族への訪問は確かにちょっと気を遣ってしまうかもしれませんが、逆に自分の実家に帰省できることを楽しみにしている人も多いはず。

皆の笑顔が花咲く夏休みをお過ごしください。

illust967_thumb