笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

名づけ2015年上半期一位の「心桜」なんて読む?

calendar

illust970_thumb
赤ちゃん名付けサイトによると2015年上半期の赤ちゃん名付けで人気の名前は「心桜」だそうです。
読み方はおもに(こはる、こころ、ここな、ここあ、さくら)だとか。

2015年上半期人気名付けTOP10
1位:心桜
2位:陽翔
3位:心愛凜
4位:碧
5位:杏柚
6位:惺梛
7位:蒼音
8位:葵
9位:大翔
10位:湊斗

綺麗な響きの名前が人気のようですね。

同サイトでは「キラキラネームランキング」というものもあり、こんな名前本当につけてるの!?と驚く名前が並んでいます。
無理やり漢字を当てた名前も増えているなぁというのが最近の赤ちゃんの名付けで、発想の自由さにも驚かされます。

スポンサーリンク

キラキラネームが人生に不利、そんなこと常識

実際に名付けに悩んだ経験を持つものとしては、どんな名前も決して適当な思いでつけてはいないと思います。
けれど、ランキング上位にされてしまうような「キラキラネーム」を付けてしまう人の思考は理解に悩みます。

たかが名前、されど名前。
その人と一生を共にする名前は、大切な子供の人生を左右するものなんですから。

赤ちゃんの頃は可愛くてお似合いだった名前も、成長と共に子供の枷になってしまう場合があるそうです。
例えば、学校ではキラキラネームをからかわれて嫌な思いをしたり、就職に不利だとも言われています。

人と違う、変わった名前である事がプラスになる人生を歩んでくれれば良いのですが、そう上手くいく人ばかりではないですよね。
自分の名前をキラキラネームだと言われたら、やっぱり嫌だし、どうしてこんな名前なんだろうと悲観的になってしまうかもしれません。

もし不本意ながらキラキラネームと分類されてしまうような名前であっても、名付けた本人が、ちゃんと「由来」があってこの名前なのだとしっかり説明できるなら悪くは無いでしょう。
ただし、名付けの由来は成長したお子さんにちゃんと説明してあげて欲しいと思います。
自分の名前の由来って年頃になるとやっぱり気になるものです、貴女がどんな思いでその名前を贈ったのかを話してあげてください。

もちろん、普通の名前であってもどんな思いを込めて名付けたのかをお子さんに説明してあげる事はとても良いことなんですよ。

名前は人生で最初の贈り物

私自身、赤ちゃんが生まれてから出生届を出す2週間の間に名前を決定するというのは、とても悩み、あっという間の時間だったことを覚えています。
もちろん、名前の候補は出産前からいくつも準備していて、それでもどれにするか悩んで悩んで決めた名前です。

子供の名前を呼ぶときって、本当に愛しさを込めて呼ぶんです。

たとえそれが、成長と共に「叱り」の意味に変わって行っても(笑)
私たちが子供を名前で呼ぶ根本には「愛情」があるんですよね。

皆さんも名付けには沢山悩まれたことでしょう。
悩んで悩んで決めたその名前、大切に呼んであげてくださいね。

時代と共に様変わりする名付けですが、どんな名前にも「愛情」がある事を願っています。

illust953_thumb

参考:無料 赤ちゃん名づけより引用