笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

自分の時間を作ろうとするほどストレスは増える気がする

calendar

ストレス発散のために「自分の時間」を作りましょう。

と言われることがあります。
でも、それがかえってストレスの原因になっている気がするんですよね。

illust2547_thumb

たとえば、赤ちゃんが寝た!ヨシ、自分の時間だ、と何かを始めた瞬間「目覚められる」
さらに、機嫌よく一人遊びしてるし、ちょっとだけ読書、と本を広げれば「一人遊び終了」

赤ちゃんって不思議とママの注意が自分から離れたことには敏感で、何かをしようとすればほとんどの確率でそれを妨害してくるんです。
結局ママは「やりたい事が出来ない」というストレスを抱える事になって「自分の時間」を作るどころか「ストレスを量産」してしまうという悪循環に。

赤ちゃんと二人の時は「自分の時間」なんて望まない方がストレスフリーなんです。
お昼寝の間に、機嫌の良い間に、なんて何もできない、しない方が賢明。

本気で「自分の時間」を作るには「一時保育」を利用するか「パパや他の身内に預ける」という選択をしなければいけないんですよね。
それでも「合間」に何か好きな事をしたいと考えるなら赤ちゃんに中断させられても作業を諦め、切り替えられるスキルが必要になると思います。

でもそれって、赤ちゃんとの生活がまだ間もない人には難しい事。
どうしても「もー!もう少し寝ててよ!」とイライラしてしまうのがほとんど。
だから、お昼寝してくれたからと言って、ホクホクと自分の好きな事に没頭し始めるとそれを中断させられたときのストレスが半端ない。

楽しいことをしていればしているほど、それを中断させた赤ちゃんへ怒りが向いてしまうんです。

だったら、ママは自分の時間を持てないの?
と思ってしまいますよね。

確かに24時間の密室育児が当たり前の現代、息が詰まります。
息抜きは必要です。

だから息抜きをする時は「本気で」自分の時間を確保するように行動しましょう。
保育施設の「一時保育」で時間を確保。
パパや家族の休みに「赤ちゃんを預け」て時間を確保。
自分の好きな事に没頭したい!と思ったら、決して横槍が入らない環境を作って没頭してください。

そうやって周りの力を借りて、自分の心を満たせれば。さらに我が子への愛情を注げるはずです。

illust967_thumb

ストレスフリーに育児をしようと思ったら周りの手助けは絶対に必要で、自分の心を守るためにも周りに甘える事は決して悪ではないと思います。

身内に頼れないなら、公共施設を利用すればいい。
一時保育はお金がかかるけれど、自分のために時間を買ったと思えばいいじゃないですか。

自分の好きな事を全部我慢して、モヤモヤイライラしながら育てするよりも、1時間でも2時間でも「ママ」から解放され、満たされた心でいる方が赤ちゃんの成長にもよい影響を与えると言われます。

日々の中に「中途半端な自分時間」を作ろうとあがくよりも、時々「ガッツリ自分時間」を作る方がストレスは解消されますよ。

辛いと思ったら、無理せず周りに頼ってください。

イライラを抱えながら1人で頑張るのが良い母親では無いと思います。
周りに上手に甘えながらニコニコ子育てできるのが良い母親ではないでしょうか。

まぁあくまでも、個人の見解ですけどね。

おしまい。