笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

赤ちゃんの汗疹、どうしたらいい?ケアの仕方は?

calendar

今年は気温の上りが激しくて、毎日汗だくだよ~という人がほとんどかと思います。
この時期になるともち肌だったはずの赤ちゃんの肌に異変が起きる事が。

そう「汗疹(あせも)」です!

ちゃんと毎日沐浴しているのにどうして汗疹ができるの!?
illust2543_thumb

それは、赤ちゃんがとっても「汗っかき」だからなんです。

スポンサーリンク

あせもに効くのはこまめに○○すること

汗疹の原因は「汗」、なので汗疹を作らないための一番の対策は「汗」をこまめに拭く事なんです。
汗をかいたな、と思ったらシャワーで流してあげるのも効果的です。
夏はムレムレになるオムツでお尻もかぶれやすくなっているので、こまめなシャワーは汗疹対策とオムツかぶれ対策で一石二鳥です!

小さな赤ちゃんを洗ってあげるのはママにとってはとても重労働な事ですよね。
でも、汗疹の痒みは小さな赤ちゃんにとってとても不快な物です、そのせいで寝つきが悪くなったり、日中も機嫌が悪いなんて悪循環を生んでしまいかねませんから、夏場の汗対策はちゃんとしてあげた方がママ自身のためでもあるのです。

冷房はちゃんと使おう、無理に我慢しないこと

エコな生活だから、省エネのために、と真夏でもクーラーの使用を控える家庭は多くあります。
しかし、大人なら我慢できる暑さでも体温調整がうまくでいない赤ちゃんにとってはとても辛いものです。
そのせいで熱中症になる事もありますし、もちろん汗も沢山かくので汗疹のリスクも高まります。
小さな赤ちゃんがいる家庭では、エコよりも赤ちゃんの健康優先で冷房を利用して欲しいなと思います。

もちろん、室温は適温設定で。くれぐれも冷やしすぎる事の無いようにしましょうね。

あせも用ローション、人気なのはももの葉ローション

汗疹用ローションで安くて使いやすいと人気なのは「桃の葉ローション」と呼ばれるものです。

特におすすめは宇津救命丸さんのももの葉ローションプラス

【宇津 ベビーローションプラスの商品詳細】
宇津ベビーローションプラスは、お肌のあれを防ぐグリチルリチン酸二カリウムとお肌をなめらかにするアラントインを配合し、保湿剤として桃の葉エキスとカミツレのエキスを加えた薬用ローションです。
弱酸性で、無着色・無香料のお肌にやさしいローションですので(アレルギーテスト済み)、赤ちゃんからお年寄りまでご家族みんなでお使いいただけます。

【効能】
・肌あれ、あれ性
・あせも・しもやけ・ひび・あかぎれを防ぐ
・油性肌
・日やけ・雪やけ後のほてり
・肌をひきしめる、肌を清浄にする、肌を整える
・肌をすこやかに保つ、皮膚にうるおいを与える

汗疹はだだけでなく、普段の保湿ケアとして使用してもOKです。

赤ちゃんを抱っこして、汗だくのママも汗疹には悩まされがち。
私は抱っこで赤ちゃんと触れ合う腕や、おっぱいパットで蒸れがちな胸に汗疹が出来た経験があります。
そんなママの汗疹にもももの葉ローションはオススメですよ。
お風呂上がりにはももの葉ローションでママのお肌もケアしてあげてくださいね!

本格的な夏はこれから!
気温がぐんと上がって、まだ体が暑さに慣れないこの時期は特に汗疹ができやすい時期です。
しっかり対策&ケアして夏のお肌を健やかに保ちましょうね。

参考:こんな肌ケア対策が新しい!Fam’s Baby

お肌にバリアを作って予防する、新しいケア商品です。