笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

赤ちゃんの歯磨き、いつから始める?どうやるの?

calendar

illust1963_thumb
赤ちゃんの歯が生え始める時期は早い子では3か月頃、遅い子では9か月頃にやっと、ということもあるほど個人差の大きいものです。
さて、赤ちゃんのお口に白い歯が見え始めたら、歯磨き開始の準備してください。

スポンサーリンク

1本の時から始める歯磨き習慣

1本や2本しかない生え始めの歯にキッチリ歯磨きをする必要はありませんが、毎日の習慣作りとして歯ブラシ使う事を始めると本格的な歯磨きへの移行がスムーズになります。
赤ちゃんのファースト歯ブラシはシリコン製の柔らかい物がよく選ばれます。
お口に物を入れるのが大好きな赤ちゃんですから、その変わった口触りにはすぐに虜になる事でしょう。

歯固め代わりに、または遊びの一つとして、赤ちゃんをお膝にゴロンさせ歯ブラシをナメナメさせてあげるのも良いですね。
ただし、赤ちゃんに歯ブラシを預けて遊ばせるのはやめましょう。安全プレートのあるタイプでも思わぬはずみで歯ブラシが喉の奥をついてしまう事があります。
歯ブラシを口にさせる時はぜったに目を離さない事が大切です。

仕上げ歯磨きのイヤイヤが始まったらどうする?

初めは歯ブラシをなめるのが大好きだった赤ちゃんも1歳~2歳頃になるとどうしても「イヤイヤ」が始まります。
そんな時、無理やり捕まえて鬼の形相で歯磨きをしてあげてはさらに歯磨き嫌いを大きくしてしまいます。

歯磨きは楽しい物だという事を教えてあげる事が大切。

例えば、子供の前でパパに見本を見せてもらいましょう。
パパがママのお膝にゴロンして歯磨きをしてもらうのです。二人で楽しそうに歯磨きしていたらきっと「次は自分も!」となりますよ。
そうすればもう作戦勝ちです、ママはニコニコ笑顔を忘れずに歯磨きしてあげてくださいね!

歌を歌いながらの歯磨きも楽しい気分にしてくれるので効果的。
この時期に仕上げ磨きをあきらめてしまうと、子供の歯は一気に虫歯へ一直線!
そんな事にならないように、毎日の習慣頑張ってほしいと思います。

仕上げ磨きは小学生でも必要

子供が自分で綺麗に歯磨きをできるようになるのは小学高の高学年になる頃だと言います。
それまではどうしても磨き残しで虫歯になりやすくなるのだとか。
しかもこの時期は乳歯が大人の歯に生え変わる時期でもあり、虫歯は作りたくない物です。

小学生なのに仕上げ磨きなんて、と言わずに時々だけでもお口の中をチェックしながら歯磨きのお手伝いをしてあげてはいかがでしょうか。

赤ちゃんの歯を守るのは親の大切な勤め。
ピカピカの綺麗な歯で美味しいご飯を食べれるように、乳歯が生えたら歯磨き習慣、忘れないでくださいね!