笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

産後の体調不良、もしかして何かの病気?

calendar

出産後、数か月たつのに体調が良くない、怠い感じが続いていたり頭痛や腰痛も辛い、という声は良く聞かれます。
妊娠出産前までは、風邪すらひくことの無かった頑丈な私も、初めての出産後10か月頃に原因不明の腹痛で救急に駆け込んでしまった体験があります。

病気知らずだったのになぜ?

出産によって体調が変わったと感じる人は意外と多いんです。

illust3443thumb

スポンサーリンク

産後の体調不良にありがちな症状

産後に感じる体調不良は人によって様々ですが、以下のようなものが多いようです。

  • 体がだるい
  • すぐに疲れる、疲れが取れない
  • 風邪をひきやすくなった
  • 頭痛
  • 腰痛
  • 肩こり
  • 腱鞘炎
  • 足のむくみ
  • 肌荒れ
  • イライラ、精神的不安定
  • 産後うつ

体調が優れないと、何をするにもやる気が出なかったり家族にあたってしまったり、悪循環を生み出します。
一体、これらの原因は何なのでしょうか。

産後の体調不良の主な原因

産後の体調不良の原因の大きな要因の一つとして「慣れない育児のストレス」があるようです。
朝晩関係なく時間ごとの授乳と赤ちゃんのお世話。
ゆっくり休む暇もない体が悲鳴を上げ、体がだるいと感じたり、疲労が原因で体の免疫力が低下して風邪などをひきやすくなってしまう事もあるようです。
さらに育児の不安やストレスが自律神経を乱れさせ様々な体の不調を引き起こしてしまうという事も言われています。

乱れてしまった自律神経を改善させる方法としては、まずはストレスを解消させること。
同じ境遇のママと知り合える子育て支援センターを利用したり、家族や友人に悩みを聞いてもらうのも良いでしょう。
30分から1時間程度ウォーキングをすると自律神経の乱れを改善してくれる効果があるそうですから、赤ちゃんと一緒に近所にお散歩に出かけて気分転換するのも良いですね。
時には自分へのご褒美として、一時保育を利用して一人の時間を作るのも手です。

私はパパがお休みの日は子供を早めに寝かしつけ、留守番をパパに頼んで近所のコンビニに出かけるのが楽しみでした。
30分にも満たない一人での外出、短い時間でしたがとても良い気分転換になりましたよ!

他にも産後の体調不良を引き起こす原因として「骨盤のゆがみ」「ホルモンバランスの崩れ」「育児による肩こり、首こり」なども挙げられます。
骨盤の歪みは産後すぐの頃はしっかり骨盤ベルトを使用する人が多いのですが、数か月たつと止めてしまう人がほとんど。
ですが、日常生活でも骨盤は歪んでいくのです、普段から気軽に使用できる「骨盤サポート機能の付いたガードル」などを利用すると体形維持にもつながってオススメです。

参考>>サンテラボのガードルは薄くて履きやすい!私も愛用してます♪

そしてホルモンバランスの崩れは産後時間がたつと共に自然と整っていくもののようですが、一向に改善されないという場合は甲状腺の病気が潜んでいる可能性があるそうです。あまりにも体調不良が酷い場合や長期にわたる場合は一度検査を受けてみる事をお勧めします。

最後に、授乳や寝かしつけで同じ体勢を長時間続ける事のある育児は「肩コリ」とは無縁になれない物。
肩こりは放置すると頭痛の原因にもなります。
自宅でできるストレッチでケアしたり、無理な体勢を続けないようにすることが大切です。

自分の体が気持ち良いと感じるストレッチや軽い運動を毎日少しづつ続けていくと、ストレス発散にもなり小さな不調は消えてくれるかもしれませんよ!

なんだか体調が悪いと感じたら、まずは「自分が休める時間を確保する」そして「ストレス発散になる事をする」「適度な運動を習慣にする」という事をしてみることをオススメします。