笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

帽子で紫外線対策!赤ちゃんの帽子の選び方

calendar

日差しが容赦なく照り付ける夏。
お外に出る時は赤ちゃんに帽子をかぶせてあげると、紫外線対策や熱中症の予防になります。
帽子を嫌がる子もいるかもしれませんが、慣れればそれも無くなるので、お出かけの時は帽子をかぶる事をオススメします。
illust794_thumb

スポンサーリンク

月齢別、赤ちゃんの帽子サイズの目安

帽子のサイズを確認する場合、お店で実際にかぶってみるのが一番ですが、目安としては以下の通りです。

・0か月(42~44㎝)
・3か月(44~46㎝)
・6か月(46~48㎝)
・12か月(48㎝)
・24か月(50㎝)

以上が目安となる平均サイズ。
でも同じ月齢でも赤ちゃんによって体の大きさが違うように、頭の大きさも違います。
さらにメーカーやデザインでも微妙にサイズが変わってくるので、ピッタリな帽子を選ぶならやっぱり実際に手に取って試着して選ぶのが一番です。

赤ちゃんにオススメな帽子はこんなタイプ

帽子を選ぶときは見た目の可愛さも勿論ですが、できればデザイン重視よりも実用的な物を選びましょう。

・適度な大きさのつばが付いている帽子は紫外線対策に有効です。
・軽くて丈夫、通気性も良い物を選びましょう。
・自宅でお洗濯できるものなら衛生的にも安心です。
・赤ちゃんの帽子は脱げ安いので顎紐(ゴム)が付いていると便利です。

帽子は赤ちゃんを強い紫外線などから守るための物。
可愛さだけで選んだら、頭がムレムレになる~なんて帽子はちょっとオススメできませんよね。

また、赤ちゃんを抱っこする事が多いのか、ベビーカーに乗せることが多いのかでも適したデザインは変わってきます。
ベビーカーに赤ちゃんを乗せる場合、帽子全体にツバがあるタイプの物は後頭部のツバが邪魔になって赤ちゃんの不機嫌の原因になる事も。
ベビーカー赤ちゃんにはキャスケットタイプや野球帽タイプの帽子がオススメになります。

さらに、歩き初めの赤ちゃんに大きすぎるツバの帽子も視界を妨げてしまう危険があるので「適度な大きさ」の物を選ぶようにしてください。

沢山おでかけする赤ちゃんならいくつか帽子を揃えておいて、お出かけの場所や移動の方法などによって使い分けても良いですね。

これからどんどん紫外線も強くなっていきます。
赤ちゃんにピッタリな素敵な帽子を見つけて、夏のお出かけを楽しみましょう。