笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

赤ちゃんのお尻かぶれ、痛い思いをさせないために

calendar

reload

赤ちゃんのお尻かぶれ、痛い思いをさせないために

離乳食期前の赤ちゃんはおしっこの回数も多く、うんちも水状。
お尻かぶれに一番なりやすい時期でもあります。

少しでもオムツ変えが遅れてしまうとうんちが張り付いて取れにくかったりしませんか?
そんな時、おしりふきでゴシゴシやるのは絶対にNGです。
赤ちゃんのお肌は薄くて敏感なのですぐに赤くなったり、皮がめくれてしまったりします。

スポンサーリンク

お尻がカブレてきたら手をかけて優しいケアを

なんだかお尻が赤い、皮がむけてるというのを見つけたら、まずは市販のおしりふきの使用をやめましょう
市販のおしりふきは薄いのでどうしても拭く時の力がそのまま肌に刺激になってしまいす。

お尻がかぶれている時はおむつ替えのたびに汚れを優しく洗い流してあげ、お肌をしっかり乾かしてから新しいオムツを当ててあげると良いです。
とはいえ毎回シャワーをするのは大変な重労働になるので、お尻洗い用にぬるま湯を入れた水筒と使い捨てのコットンやガーゼを準備して、ぬるま湯を浸して洗い流すようにお尻を拭いてあげると便利です。その時に絶対に力を入れて擦らない事。
張り付いたうんちは、うんちめがけてコットンを絞って水で洗い流すようにすると綺麗にできますよ。

汚れを落とせたら、乾いた布で水分を拭き取りしっかり乾かして。
皮膚が濡れた状態だとオムツの中で蒸れてかぶれを悪化させてしまいます。

皮がむけるほどに酷いオムツかぶれには病院でお薬をもらってくると治りが早くなりますよ。

良くならないならオムツのメーカーを変えてみる

メーカーによってオムツかぶれするものとならない物は実際にあります。しかも使う赤ちゃんの体質によっても合うオムツは変わるようで、ママ友が良いって言っていたからオムツを同じのに変えたら逆に合わなかった、なんて事もあります。

お尻の清潔には気を付けているのに、オムツかぶれが治らない、繰り返すという場合には使うオムツを別のメーカーのものに変えてみると良いかもしれません。

皮膚を守る保湿剤を使う

オムツかぶれの予防に「ベビーオイル」を塗って保護したり「ワセリン」を塗ったりする方法をよく聞きます。
皮膚を保護して守るというのは予防法として最適で、最近では皮膚保護フォームのファムズベビーと言う商品が注目を浴びています。

オイルやワセリンは塗った後にベタベタするのでちょっと苦手と思う人も居るようですが、ファムズベビーは使用感もサラサラでとにかく使い心地が良い商品。
実際に使ったレポあります♪

お尻かぶれだけではなく、よだれによる口周りのかぶれを保護するのに使ったり、お肌の弱い赤ちゃんは全身に使ってもOK。
赤ちゃんに起こりがちな肌トラブルから守ってくれる商品なんです。
赤ちゃんだけでなく、ママの手荒れ等の保護にも使えますよ、赤ちゃん用に買ったけど、ママの方が気に入って使ってるなんて人も居るほど。

母子手帳副読本にも掲載されている、ファムズベビーは助産師さん達からの指名も多い商品。
各地のママイベントにも積極的に出店されているので、目にすることがあればぜひあの「泡」を体験してみてください。

赤ちゃんのピカピカ肌はママが守れる

オムツのCMに出てくる赤ちゃんって本当にお肌が綺麗でうらやましいですよね。
でも何もしなくても綺麗な肌の赤ちゃんと言うのは実はとても少ないそうです。

皮膚が薄く、乾燥しやすい赤ちゃんのお肌。
体質にもよりますが、ほとんどの場合は毎日のホームケアでピカピカ肌を作れると言います。

せっかくなら、綺麗なお肌にスリスリしたいですよね。
そのためにも、大切な赤ちゃんの柔肌はママが守ってあげましょう!