笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

わかっていても止められない!アレに依存する母親が急増中

calendar

便利な世の中になればなるほど、人の心は人から離れて行ってしまう。
それは親子関係でも同じで、今、目の前の赤ちゃんよりもスマホに心を奪われ依存する親が増えていると言います。

kinen2_illust_soft_s

スポンサーリンク

スマホ、テレビ、PC、私たちの心をつかんで離さない物

「サイレントベビー」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
親が赤ちゃんの呼びかけに反応しないことを続けると赤ちゃんが泣いたり愚図ったりしなくなり、そのまま育てていくと笑わない、しゃべらない、無表情な子供になってしまうというものです。
このようなサイレントベビーは孤立を好み、人間関係か築けなくなると言います。しかも、このような障害を抱えてしまった場合の治療法はほとんど見いだせていないという深刻なもの。

サイレントベビーの子がそのまま成長してしまうと、学校生活や社会人生活に支障が出る事は確実に思えます。
自分の子供には決してそんなふうになって欲しくないですよね。

しかし、スマートフォンが普及し、親たちがスマホを片手に育児をする現代。
赤ちゃんを抱きながらスマホに夢中の母親、子供達が遊ぶ公園の片隅でスマホばかり見る母親たち、そんな光景は当たり前に見受けられます。
本来なら、母親が視線を向けるべきはスマホではなく我が子のはずなのに。

スマホに夢中になって子供の相手がおろそかになったり、スマホを使用中に子供に邪魔されると怒り出すという「スマホ・ネグレクト」が問題になっています。
実際に「スマホ依存の高い親はそうでない親よりも子供を厳しく叱責する」という傾向があるのだと言います。

始めは育児の悩みを解決するために始めたスマートホンでのネットサーフィン、それが逆に健全な親子関係を阻む障害となっていってしまうというのは決して他人事ではないのです。

メディアに触れる時間のルールを決めよう

親がネットに夢中になっている家庭は必然的に子供がテレビやDVDなどのメディアに触れる時間が増えている傾向もあるようです。
テレビに子守をさせる、という状況は子供の成長にも決して良いものではありません。

常にスマホ触れてしまうというスマホ依存者は「子供と過ごす時間はスマートホンを手から放す、ごはんの時はラインやメールチェック禁止」など、スマホに触れない時間を作ってみましょう。

まずは少しづつスマホから離れる時間を作ることが大切です。
そして、ゲームやネットは子供の就寝後に行うこと。

できることなら子供の前ではスマホを触らないことが一番なんです。

スマホ依存でもいいから、子供との時間を濃密に

私達はそれはもう長い時間、携帯電話やスマホと共に時間を過ごしてきました。
無くてはならない物である携帯電話やスマホです。いきなり依存を治せと言われてもそれは無理と言うもの。

まずは自分が「携帯・スマホ依存」である事に気が付き。スマホよりも子供に目を向ける時間を増やしていく努力をしていくしかないんです。

ゲームやネットはストレスだらけの生活から解放してくれる大切な存在ですが、それが本来あるべき親子の関係を壊してしまう凶器でもあります。
親の依存は子供の心を怖し、子供を社会になじめない大人にしてしまいます。

その恐ろしさを今一度考え、行動してください。

これは、私自身が私自身に向けた警告でもある。

スマホを見つめた時間の3倍、子供達を抱きしめよう。

illust953_thumb