笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

入院中は勘弁して!病院へのお見舞いNGなママが増えています

calendar

長い陣痛との戦いが終わって、赤ちゃんの元気な声を聞きながらもぐったりな所に次から次へとお祝いに駆けつけてくる親族、友人。
こんなにたくさんのお祝い、嬉しいけれど、正直シンドイ。

いっその事、面会謝絶でお願いします!

illust2541_thumb

スポンサーリンク

病院まで駆けつけられるのは嬉しい?それともNG?

出産後、沢山の人にわざわざ病院までお見舞いに来てもらって嬉しかった!という人は、正直少数派でしょう。
出産というのは体力も気力も消耗しきってしまうもの、ボロボロに疲れ果てた姿を見られて嬉しい人はいません。

出産当日や翌日にお見舞いに行って良いのは「ご主人」や「実親」までだと思います。
義両親にとっても孫の誕生は嬉しいものかもしれませんが、ママ本人から「来てください」と言われない限りは絶対に遠慮しましょう。
義理の家族が了承も得ずに勝手に押しかけて、分娩室にまで入ってきた!なんて話もあるようですが、そんな事をされたら今後円滑なお付き合いをしていく自信なくなりますね。

我儘とか心が狭い、と言われそうですが、産後というのは周りが思う以上にママのメンタルが不安定になるものなのです。
特に出産直後は興奮状態でもあります、お祝いしたい気持ちの前に出産を頑張ったママを「休養させてあげる」という配慮を一番に考えるべきでは無いでしょうか。

それに病院には他のママ達も入院しています、出産を終えたママだけでなく、具合が悪くて入院しているママ、陣痛真っ最中のママ、中には残念な結果になってしまったママもいるのです。
出来れば入院中のお見舞いは遠慮する、どうしても入院中に訪問するなら「退院の前日」に、ただし、必ず事前に本人に確認を取る事が大切です。

そして、新生児の兄弟以外の小さな子供や大勢グループでの訪問はやめましょう。
友人グループで病院にお祝いに来て騒いでいる人を見かけたことがありますが、あれは本当に迷惑です。

差し入れは日持ちのするものが良い

訪問の際の差し入れで困るものと言えばケーキなどの生ものです。
生クリームタップリのスイーツは確かに食べたいものですが、これから赤ちゃんに母乳を飲ませてあげないといけないママにとっては正直ありがた迷惑な食べ物ナンバーワンなんです。

なぜならこういった脂肪分や糖分の多い食べ物は母乳の質を悪くして乳腺を詰まりやすくしてしまうから。
それに、食べきれなくて悪くしてしまうのも心配です。

差し入れを持っていくなら生クリームのお菓子よりもゼリーやノンカフェインの飲み物なんかが良いかもしれませんね。
私は「果物」や「野菜ジュース」の差し入れが結構嬉しかったです。
頂いた日のうちに主人に持って帰ってもらって退院してから美味しくいただきました。

出産後のママはとにかく疲労しているという事を忘れないで

ママにとって産後入院している間だけがゆっくり休める時間なんです。
退院後は昼も夜も無く、授乳やお世話に追われていつ寝たのかもわからない状態になるという生活が待っているんですから。
出来れば入院中位、一人でゆっくり休ませてあげてください。

お祝いの気持ちは本当にうれしいです。
だけど、出産という大仕事の直後では、どんな言葉も心から喜べる状態にない事を理解してください。

元気になる時間は人それぞれ。
出産直後から元気バリバリな人もいれば、産後しばらくしてやっと体調を取り戻す人もいます。

まずはママの体調や気持ちの状態を確認してから、お祝いに訪問してあげて欲しいと思います。