笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

産後の発熱の原因はアレが多い

calendar

産後、なんだか悪寒がすると思ったら発熱!

え、風邪ひいた!?

kusuri_soft_s

と風邪を疑う前に、まずは自分の体チェックしてみてください。
おっぱい、張ってませんか?しこりになって痛みはありませんか?

もし、おっぱいにしこりや傷みがあって発熱している場合、それは乳腺炎の疑いがあります。

スポンサーリンク

乳腺炎で高熱が出る

乳腺炎が原因の発熱は40度近くにもなる事があるそうです。
高熱と共に体の痛みを感じる人もいるそうなので「インフルエンザ」と勘違いしてしまう人もいるとか。
授乳中に風邪やインフルエンザと間違って薬を飲む羽目になるのは避けたい事ですよね。

それに、乳腺炎に風邪の時と同じ対処をしても良くはなりません。
解熱剤で熱を下げても乳腺炎は解消しないんですよね、乳腺炎の原因を取り除かないとダメなんです。

軽度の詰りなら、赤ちゃんに吸ってもらう事で解消しますが。
発熱するほどの乳腺炎になったら母乳外来を受診しておっぱいマッサージなどを受けた方が良いと思います。

乳腺炎になって辛い思いをする前に、おっぱいに痛みや詰りが無いか位はチェックするようにしておきましょう。
赤ちゃんがお腹いっぱいなのにおっぱいの張りが強い時は少し搾乳する、冷やすなどのセルフケアも必要です。

おっぱいトラブルは産後ママの一番多いトラブルでもあります。
詰まらないおっぱいのためには食生活も大切。
詰りの原因になる脂肪分や糖分の高い食べ物は控えること、パン食よりもご飯の方が美味しい母乳を作ってくれます。
また、飲み物も砂糖の多い清涼飲料水やスポーツドリンクはNG。
ノンカフェインのお茶やお水、ハーブティーが良いです。

特にハーブティーは女性に嬉しい効能がある飲み物でもあり、蛯原友里さんがハーブの本を出したことで最近特に注目を浴びています。
綺麗にもなれるハーブティーはすべての女性に嬉しい飲み物。
ホッと一息の一杯にも最適ですよ。

産後ママにはおっぱいトラブル用ブレンドのハーブティーが人気です。
参考>>繰り返す乳腺炎でお悩みの授乳期ママに『AMOMAミルクスルーブレンド』
参考>>母乳不足が気になる授乳期ママ用ハーブティー!

ママが口にするものが母乳となり赤ちゃんの口に入ります。
乳腺炎で詰まり気味のおっぱいの母乳は、少し味が悪そうじゃないですか!?
おっぱいトラブルはママにも赤ちゃんにも辛いものです、便利なアイテムも上手に使って健やかな授乳ライフ送りましょう!