笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

産後の便秘。この辛さ、どうにかして!!!

calendar

辛い陣痛を乗り越えて出産を終えたのに、今度は頑固な便秘に苦しんでいるの!!!

と悩んでいる人は驚くほど多いものです。
人生で便秘とは無縁!という私でさえも、初めての出産の後何日も出なくて泣きながらトイレにこもった経験があります。
産後って本当に便秘になりやすいんです!

スポンサーリンク

どうして産後は便秘になるの?

産後の便秘の原因としてあげられるのはこの3つ。

1、水分不足
2、上手にいきむことができない
3、トイレに時間をかけれない

産後は母乳育児が始まる事もあり、ママの体の水分は母乳に優先的にとられるため、水分が足りなくなった便が固くなり結果、便秘になってしまうという事があります。
水分不足による便秘にならないためにも水分は沢山とるようにしましょう。水やノンカフェインのお茶がオススメです。

産後、ほとんどの人が入院中に便意を催すと思いますが、これがまた、上手く出せない物なんですよね。

その原因は出産時の会陰部のキズが痛かったり、違和感があると気になってお腹に力を入れるのを躊躇してしまいます。
ただせさえ、妊娠中に腹筋が弱くなっているのですから、ちゃんといきまないと便を出すことができないのです。
そこで諦めて出さないでしまうと、便が固くなって便秘がひどくなります。
時間をかけてでも、産後初めての排便は必ず入院中に済ませるようにしましょう。

なぜ入院中なのかというと、退院して赤ちゃんとの生活が始まるとゆっくりトイレに時間をかけれなくなるママが沢山いるからです。
せっかく便意があるのに赤ちゃんが愚図っていて手が離せなかったり、お昼寝の間に、と思ってたらすぐに泣きだされたり。
トイレの時間すらままならない、というのは沢山のママが抱える悩みでもあります。
育児に追われてチャンスを逃しているうちに便が固くなりどんどん出にくくなる、悪循環ですね。

入院中であれば赤ちゃんを看護師さんに見ててもらってゆっくりトイレにも行けますから、入院中に自分の排便のリズムを整えておくのが一番理想的です。
まずは出産後初めの排便をクリアする事、そして毎日出す習慣をつけて退院できれば便秘対策の8割はクリアできたようなものです。

illust3467thumb

便秘にならない食生活を心がけよう

食べた物が便になるのですから、食べ物は大切です。
水分不足にならないように、水分は大目にとりながら、食事は食物繊維が豊富な「イモ類」「豆類」「海藻類」「キノコ類」「根菜」を多く食事に取り入れていきましょう。
さらに腸内環境を整えてくれるヨーグルトなどの「乳酸菌」「発酵食品」も忘れずに。
便を硬くしない食べ物で便秘防止に努めましょうね。

どうしても出せない、詰まったら最終手段

どうしても自力では出せない場合は「便秘薬」に頼るのも手です。
出ないものを無理に出そうとすると「痔」になる事もあるので、気を付けましょう。
薬が嫌という人は便秘解消に効くサプリメントやお茶も沢山あるので試してみるのもOK。

ちなみに、私のオススメは「オリゴ糖」をとる事。
妊娠中や赤ちゃんでも摂取オッケーなオリゴ糖なら授乳中でも安心して口にできます。
>>>妊婦や赤ちゃんも安心の話題のオリゴ糖

つらーい便秘から解放されると、気分もすっきりですね!

以上、産後の便秘についてでした。