笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

うちの子寝すぎ?赤ちゃんって何時間寝るものなの?

calendar

赤ちゃんの寝顔って本当に可愛いですよね。
寝顔を眺めて一日過ごすのが余裕に感じる親バカは私だけじゃないと願いたい!笑

さて、赤ちゃんって何時間寝るのか知っていますか?
生まれたばかりの頃はずっと寝てばかりの赤ちゃんも、成長と共に起きている時間が増えてきます。
でも、なんだかうちの子寝すぎじゃない?と心配になるママもいるようです。

寝てばかりでいいんですよ!寝る子は育つんですっ。

illust770_thumb

スポンサーリンク

赤ちゃんに必要な一日の睡眠時間

生後0~2か月:20時間~22時間
生後間もない赤ちゃんは授乳、ミルクの時間以外は寝ていますね。ママも一緒に体を休めましょう。

生後3か月~3歳頃:12時間~14時間
生後3か月を過ぎると次第に起きている時間が増えていって、1歳頃にはお昼寝の回数、時間も決まってきます。
「幼児期」のリズム作りが始まるんですね。
1歳を過ぎるとお昼寝は午後の1回だけで足りる赤ちゃんがほとんど、お昼寝のさせすぎは夜更かしにつながるので寝させすぎには気を付けましょう。

実はこの時期は「子供が寝ない」と悩むママが増える時期でもあります。
その原因は「お昼寝のし過ぎ」である事が多いと言います。
1~3歳頃のお昼寝は1~2時間程度で15時には終えるようにすると夜の寝かしつけがスムーズになります。
ママが働いていてどうしても夜が遅くなりがちの家庭もあるかと思いますが、夜9時就寝を目標にしてみてください。

ちなみに3歳~5歳児は11時間~13時間、5歳~12歳児は10時間~11時間の睡眠が必要と言われます。
この時間の睡眠を確保できれば早寝早起きにこだわる必要は無いと言いますが、やっぱり早寝早起き習慣は身に着けていて損になるものではありませんよね。

mado_soft_s

夜は早めに布団に入ってぐっすり眠り、朝日をしっかり浴びる事は子供の健やかな成長に欠かせないものです。
寝不足は発達の遅れや後の学力にも影響してくるそうですから夜遅くまでダラダラとテレビを観るような生活にならないよう、睡眠リズムはしっかり作ってあげてください。

赤ちゃんは寝ている間に成長し、寝ている間に言葉を覚えるそうです。
まさに、寝る子は育つ!ですよね。

より良い睡眠のための三カ条

1、お昼寝の時はカーテンを閉めるなどして部屋を暗くしましょう。
2、お風呂に入った後はテレビよりも絵本の読み聞かせを、寝る前のテレビは脳が興奮状態になるので寝つきの悪さや夜泣きの原因になります。
3、朝起きたら朝日を浴びて体内時計をリセットしましょう。

子供だけでなく大人も一緒に早寝早起き習慣ができると理想的ですね。