笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

育児書通りになんていかない!でも、すがりたくなるのも仕方ない

calendar

初めての妊娠、出産の時はとにかく情報収集が趣味のようになっていて。
育児書も色んな物に目を通しました。

でも、読めば読むほど不安になったり混乱したり。
初めての妊娠出産で側に経験者が居ないママが増えている現代、私のように育児書やネットの情報に振り回されて悩むママが多いのだとか。
頼る媒体が雑誌やネットであるのは私自身がそうなので気持ちはよく分かります。

でも、その媒体に頼りすぎるあまり目の前の状況を置き去りにするのはちょっとやりすぎですよね?

スポンサーリンク

情報はあくまでも情報、大切なのは目の前の赤ちゃん

例え、ば赤ちゃんが熱を出した、そんな時に即スマホで検索!してませんか?

別にやってはいけないことではないのですが、検索に夢中になりすぎて赤ちゃんほったらかしなんてことにならないように。
まずは赤ちゃんの顔色、機嫌を確認して赤ちゃんが安心するような声をかけてあげたり抱っこしてあげるのが先では無いでしょうか。

例えば、急な赤ちゃんの愚図り、愚図る理由を知りたいあまり赤ちゃんを見ずにスマホの画面を見ていたら?

なんだか違いますよね。
赤ちゃんはママにかまって欲しくて、甘えたくて泣いているのかも。

fumira_baby03_soft_s

雑誌やネットの情報というのは私たちにとって本当に頼りになるものですが、それに頼るあまり、情報通りにいかない不安やイライラで押しつぶされてしまう事もあるのだとか。

赤ちゃんの成長はそれぞれ個人差があって当たりまえで、育児書と比べたって仕方ない事なのに、、、

人に聞かなくても情報が手軽に手に入る現代だからこそ、悩まなくていい事で悩んでしまう現実があります。
困った時に情報にすがる気持ちはわかるし、知る事で安心できるのも事実。

だけど、もっと赤ちゃんを見て育児をしましょうよ!

色んな情報を得て、情報通なママも良いですが、
目の前の赤ちゃんをじっくり見て、我が子マスターなママってすごいと思いませんか?

赤ちゃんの気持ちがわからないと悩んだら、赤ちゃんを観察してみましょう。
ちゃんと小さなメッセージを発していますよ。

我が子には我が子の成長速度と性格がある。

戸惑った時は情報に頼ってもいい。
でも、その「型」にはまらないことを不安に思っちゃダメ。

子育ての答えは10人10色。

初めてだから戸惑って当たり前、貴女には貴女の育児で良いと思いますよ!