笑顔で産後ママ

産後のお悩みは十人十色!様々な情報を届けます

新生児から使える抱っこ紐はあると便利!

calendar

reload

新生児から使える抱っこ紐はあると便利!

まだ首がすわる前の赤ちゃんを連れて外出するのはちょっと勇気が入ります。
でも家にばかりいられないですよね、赤ちゃんと一緒にお出かけやお買い物の時に皆が使っているのが「抱っこ紐」です。
抱っこ紐ってどんなものを選べばいいの?

illust2016_thumb

そんな人のために人気の抱っこ紐を集めてみました。

スポンサーリンク

先輩ママ達が使っている抱っこ紐

・やっぱり人気!エルゴ

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
抱っこ紐使用にありがちな肩こりになりにくいと評判のエルゴはママ達の支持率も高い商品です。
パパでも使いやすいスタイリッシュなデザインも人気の秘密。

・人気すぎて常に在庫薄 キューズベリーの抱っこ紐




眠った赤ちゃんを起こさずに外せる設計が画期的とママ達に人気。
国内生産の安心と信頼が口コミを広げ、抱っこがすごく楽!との感想の多い商品です。
残念ながら新生児は使えませんが生後三か月後頃(首座り)の頃からガンガン使えます。
最強にオススメはやっぱりキューズベリー

・スリングならBetta(ベッタ)


抱っこ紐に比べて軽量&コンパクトなスリング、もちろん新生児から使えます。
包まれる感覚に赤ちゃんもすやすや眠っちゃうのがスリングの良い所。
新生児は横抱き、首が座ったら縦抱きで11.3㎏まで使えます。
自宅の洗濯機で手軽に洗濯もできるので、清潔に使えるのも人気の秘密です。

抱っこ紐を選ぶ基準は安全性と使いやすさ

抱っこ紐を選ぶとき、一番に気を付けたいのが安全性です。
抱っこ紐を使用中、抱っこ紐の隙間から赤ちゃんが転落してしまったり、体に合わなくてママが体を傷めたりという報告は毎年あると言います。
ちゃんと体に合う抱っこ紐か、使用方法はわかりやすいのかなど、事前にチェックして購入するようにしたいですね。
購入前に試着してみると、使用感がわかって良いですよ。

また、抱っこ紐使用のトラブルで多いのが「赤ちゃんの足のうっ血」です。
その原因は抱っこ紐使用中に足が何かの原因で圧迫されている事。抱っこ紐装着の時は赤ちゃんの体が正しく収納されているか確認することをお忘れなく。
抱っこ紐といえど、長時間の使用は赤ちゃんにもママにも負担のかかるものです、1時間に1度は抱っこ紐を外して体の圧迫を開放する事が推奨されています。

人気のブランド商品には模造品も多く出回ります。安い!と思ったら「偽物」だったという事も。
偽物による事故や怪我も報告されていますから購入するときには「正規品」気を購入する事をオススメします。

もちろん、値段の高い商品だから必ずしも安全というわけではありません。
使用する際は正しい使い方で、体に異常を感じたらすぐに使用を中止するという判断が必要なのです。

抱っこ紐はとても便利で、赤ちゃんにもママにも嬉しい商品です。
ぜひ自分たちにピッタリな抱っこ紐を選んで、赤ちゃんとのお出かけを楽しいものにしてくださいね!